スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の東京〜あこがれのあの人に会いたくて〜

Category : 私の東京
はいこんにちは中西です。

ただいま家族が実家から遊びにきています、
つまり六畳ちょっとのお部屋がぎゅう詰めの状態でブログを書いております。。泣

まあ私の身の上話はさておいて…

今回のお題は東京ということで、
大阪出身の私がどんなことを書くんだろうと楽しみにしておられる方も多いのではないでしょうk(ry




「東京って街中にふつうに芸能人歩いてるよね!こないだも○○みちゃったんだけど(笑)」

みたいな会話、私はよく聞くんですが、
話に聞くだけで、実際に芸能人を暮らしの中で見かけことは2回ぐらいしかありません。
ちなみにその2回ともバイト中だったんですが、一緒に働いてた人に

「ねぇ、あれ○○だよね?!」

と言われるまで全く気づかないという。。(誰か知りたい人は直接聞きにきてください)
芸能人に会いたいくせに芸能人に疎いんですorz


話が変わりますが、
今「実家が恋しい恋しい」と毎日のように騒いでいる私がどうして東京に来たのかというと、

国際日本学部でどうしても勉強したい!

という理由(これはガチで)とは別にもう一つ、

芸能人を街中で見かけたい!

という理由もありました。

まあもっと言ってしまうと、
中学・高校時代の私は、今や国民的人気を誇る某ジャ◯ーズグループのO野くんの大ファンだったので、
もし東京に行けることになったら、

街で偶然出会って仲良くなって、ゆくゆくは…(//▽//)

というイカれた妄想にふけったりしてたので、
厳密に言うと彼に会いたかったということですね。

というか3期生には元(現もいるかも)ジャ◯オタが多いんですね!笑

まあ今は昔ほど熱狂的ではなくなってしまったんですが、

そんなに会いたかったらコンサート行けや!
ってかんじですよね。
なぜか私はジャニーズに限らず、コンサートやライブにはまだ行ったことがありません。

「ほんとにファンだったの?」

と何回も聞かれたことがあります。

ええその通りですよ、ニワカでしたよ。
私は世間のファンたちにくらべれば、生ぬるいファンだったと思いますね。
でも、街中で偶然会うことにあこがれてたんですよ。(無理だったけど)

写真-39


これは、同じO野くんファンの友だちが、
コンサートにも行ったことがない私を哀れんで授業後にそっと渡してくれたうちわです。

東京に来てから、コンサートやライブに行きやすい状況になったにも関わらず、
私は一度もそういう類のものには行かず、
むしろテレビを見る時間が激減してしまい
そこまでのファンじゃなくなってしまいました。
なんというか、「ふつうに好き」ぐらいになりました。笑

ミーハーが芸能人のたくさんいる東京に来て、逆にあんまりミーハーじゃなくなるという。
なんだかしてやられた感がありますね!

テレビを見たりする時間が減ってしまったのは、部活に費やす時間が膨大すぎるためです。
ちなみに部活では空手をやっているのですが、
大学生になってから、空手を始めたことで生活が良くも悪くも180度変わりましたね〜。


余談ですが去年の暮れに、部活の友だち (ちなみに男) がエキストラのバイトで、
そのアイドルを大勢で胴上げするというシーンがあったらしく、

「O野くんの足さわった」

と自慢してきました。

年明けにそのオンエアを見たら、
たしかにそいつがO野くんと共演していて
「なんでこいつが…」
と思いながらものすごく羨ましかったのを覚えています。

まあ一言で言うと、
東京ってなんでもできるところなんですね。
自分に行動力さえあれば…大好きな芸能人の足だってさわれちゃう。笑

次は宮本ゼミのミニモニ。こと、あやのちゃんです!よろしくどうぞ(^^)

私の東京~僕が中二病になった理由~

Category : 私の東京
こんにちは!
先日エヴァQ観てきました!とにかく○○が××でピーなので興味がある方はネタバレの恐れがある前に劇場へGO!

・・・
と、いうわけで
私の東京シリーズ
井口さんに続きまして今回は金丸です!

サブタイトルの元ネタは僕の大好きなゲーム、頑張れゴエモンから。

昔やってたゲームって凄く思い入れが深いのは何故ですかね。兄と2人プレイでよくやってたゲームです。兄弟仲良くゲームと端から聞くと凄く微笑ましいかもしれないですが、一歩間違えると即リアルファイトに発展する危険性を持つのが恐ろしい。弟である僕に勝ち目はなかったのが悲しいところです。
いまやそれすら懐かしく思い出すともう兄と一緒にゲームすることもないのかなぁ、と少し切なくもなります。
まぁよく考えたら割と最近モンハンとかやった気もするのでそんなことはなかったぜ!

そういえば、みなみちゃんや井口のブログを見たときに、最寄りから東京に近いこと、東京に対する考えが、埼玉県民の僕にも凄く共感できました。もしかしたら東京近くに住んでいて、特に不自由を感じたことがない人はそう思っている場合が多いのかもしれませんね~。
中学生の頃友人に誘われ原宿に行ったりもたまにはありましたが、当時お金もファッションへの興味もなかった僕は人の多さに圧倒され、ただ歩き疲れただけで段々東京に良い印象を持たなくなるという悪循環。。。

さて、そんな僕にも思い返してみれば唯一好きな場所がありました!
それは・・・池袋ヽ(^0^)ノ
埼玉県民と言えば池袋!
石を投げれば埼玉県民に当たるとまで言われている池袋!(大嘘)2012-11-22 12.40.17
画像はいけふくろうさん。いけふくろうさんマジふくろう。
そんな池袋について、といっても直接的に池袋に関する思い出があまりあるわけではないので、関係する作品について少し変化球気味にお話をしたいと思います。
皆さんは池袋ウエストゲートパークという連続ドラマを知っていますでしょうか。
2000年に放送されたドラマで、なんと山下智久さんや窪塚洋介さん、妻夫木聡さんたちほか多くの出演者が有名になった作品です。
かなり昔に見た作品なので、内容は残念ながらうろ覚えですが、池袋で起こる暴力、殺人事件などを、池袋にたむろしている主人公を含む若者たちが解決していくお話です。
今思うと9時の時間帯によくあんな暴力的な内容を流していたなあと思いますが。小学生並みの感想になってしまいますがとにかくすごく面白かったのだけは覚えています。
話は少し戻りますが、サブタイトルにある「中二病」ですが、僕のかつての中二病成分を構成するきっかけとなった作品、それが「池袋ウエストゲートパーク」だったのです。当時を振り返ろうか悩みましたが顔から火が出るのは目に見えているのでせっかくですがやめておきます。
機会があればみなさんも見てください。あ、池袋といえばアニメの「デュラララ」も結構好きです。


少し内容がこじつけ臭くなってしまいましたがこれが金丸の「私の東京」とさせて頂きます。
次は中西さんでお願いします\(^o^)/

私の東京~わくわくする街~

Category : 私の東京
こんばんは。
最近ガールズサイドのときめきメモリアルにはまっている井口です。この前、ついつい朝方までプレイしてしまい、寝坊、バイトに遅刻、遅刻の理由を聞かれる...といった感じで史上最悪のカミングアウトを果たしました。よろしく。(涙目)


さて、私の東京。
東京に近い神奈川県在住の私ですが(ご紹介預かりました通り、藤本さんのお隣の駅です!)、大学に入学するまではほとんど東京と関わった事がなく...

というのも、私、高校は横浜方面、友達と遊ぶのも横浜、予備校も横浜...と、生粋の浜っ子だったのです。
東京?え、横浜で充分じゃね?といった感じで(笑)東京に憧れというものはなく、横浜に誇りを持っておりました。

しかし!大学に入学した途端、横浜に行くことはほとんどなくなり...浜っ子の私は一体どこへ...

ここで私の東京として挙げたいのが明大前までの通り道である(定期が使えるという意味でここ重要!)、、下北沢です!ほんとにありきたりというか有名どころですみません、ですがここしか思いつきませんでした!

ご存知の方もいると思いますが、私、古着が大好きで。そんな訳で古着の聖地とも言われる下北沢の虜になってしまったのです。

そう、下北沢には古着屋さんが豊富にあります、、、が、しかーし!下北沢の古着屋さんって、あちらこちらに点在していて見つけるのって意外と難しいんです!



わかるところに星マークつけてみたんですけど、、多分まだもっとあります。
これだけあれば見つかるだろ、と思うかもですが看板とかほんとに目立たなくて気付かずに素通りしてしまうこともしばしば。

2年半前、なにも知らずに初めて下北沢に繰り出した時は、迷ってしまって大した収穫もなしに駅に戻るので精一杯、、笑
Google先生にお願いすれば古着屋の一つや二つ、なんてことなかったのでしょうが、それではつまらない。買ったばかりのゲームを攻略本見ながらプレイするのと同じようなものです。

そのうち何回か通うと土地勘も少しずつ身につき、一見なにもなさそうな道をふらふら~と歩いていると、偶然素敵な古着屋さんに出会ったり。

しかしいかんせん道が複雑で、あかん!この前行った古着屋さんが見つけられない!(; ̄◇ ̄)...なんてこともあります。あれは夢だったのか?なんて本気で思います。
私が方向音痴なだけという説もありますがそれは置いといて。

ほんとに毎回行く度にわくわくするんです、今日はどんな発見があるかな?って。そう...まるで...ゲームの冒険に出る時の様に......おっと失礼。

1人でいるのをあまり好まない私ですが、ここに行くときは、絶っっっ対1人です。ソロで行きます。まぁ1人で好きなとこを自由にふらふら歩いて買い物したいだけなんですけど。(自己中)

そんな下北沢で出会ったものたちを一部ですが紹介しちゃいます!
ばばーん。



見づらくてすみません。
古着ってとっつきにくいイメージがあるかもですが、普通の服もちゃんとありますよ、そしてなにより安い!!!

訪れる度に新しい発見をするおもしろさ、みなさまにも味わっていただきたい限りです、ほんとに。
というわけで、ぜひ下北沢を1人で探検してみて下さい!きっと楽しいです!!

それではバトンタッチといきましょう、お次は金丸君です。よろしくー!!

私の東京~自由ヶ丘~

Category : 私の東京
はい。
こんにちは。藤木です。

『失礼噛みました。』
(わざとだろっ!?
『噛みまみた!』
(わざとじゃないっ!?

化物語、八九寺真宵ごっこが最近のわたしの趣味です。藤本です。
最近気が付いたのですが、どうやらわたし流行に一歩、いや二歩、遅れているようで、もはや流行についていっていない、、人より遅れてものを好きになったりするようです!←

例えばこの化物語、09年にはアニメ化をしていたのですが、わたしは最近本で知って読み始め、まんまとはまったのです。また、マクロスFは一ヶ月前にアニメで初めて見てランカちゃんのトリコに・・・。(井口さんのFBのトップ画のにんじんが大好きです笑)
さらに、二ヶ月前にアニメで見始めたハンターハンター。 すっかり念の使い手に憧れてしまった今日この頃であります。なんと、流行に左右されずに生きている様!←
(大好きだったももいろクローバーちゃんは、メジャーデビューしてしまう前から目を付けていたぜキリッ←)

と、そんな前置きはさておき、本題に入ろうと思います。

わたしの東京。
そもそもわたしには、中学生高校生の頃は東京そのものの概念がなかったように感じます!
というのも、電車で3駅行ったらもうそこは東京都に位置する、神奈川県に住むわたし。東京という概念がない、というより自分が住んでいるところが神奈川県だ、と意識することもなかったのかもしれません。もはや、「神奈川?いや、横浜だしー! よろしく~?」みたいなヤンキー、、(横浜市に住む人は神奈川県より横浜を強く意識する人が多いみたいです。私含む)
にはならなかったものの、いやいやわたしの住んでいる場所ニアイコール東京くらいに思っていました。


そんな、わたしの東京。
良かった! 思い返すとわたしにもあったぞ、東京よ!

それは、高校生時代にさかのぼります。
わたしが学校帰りに友達とすること、それはプリクラを撮りにいくことでした。何をするでもない、とにかくプリクラを撮ることが最大の目的だったのです。
しかし、ここで問題発生。
我が高校の最寄駅には、ゲームセンターがない。つまり、プリクラを撮れない・・・
そこでわたしたちが学校帰りにいく場所は、プリクラの撮れる隣駅の自由ヶ丘でした。それも、電車賃を浮かせるためにわざわざ歩いて行っていました笑
自由ヶ丘駅についた瞬間、「きたー!自由ヶ丘だー!大人やー!」と毎回わくわくしていました。
 高校生のわたしにとって、住んでる町でもなく学校のある町でもない場所=未知の場所=東京でした。というのも、学校以外で東京に行くのは自由ヶ丘以外にほとんどなかったからかもしれません。学校は東京都にあったのですが、それはわたしにとって東京と感じさせる場所ではなかったのです。
そんなわくわくした自由ヶ丘駅の、バスターミナル上空から見た様子がこちら。バスターミナルを囲むように様々なお店が隣接しています。
写真 (34)


無事にプリクラを撮り終えたあと、このお店の中にあるカフェをよく利用していました。
実は私立で厳しかったわたしの高校。学校帰りに制服で遊びに行くのはあまり良いことではありませんでした。そのため、隣駅の自由ヶ丘はまさに先生が目をつける場所、先生のたまり場。見つかったら風紀の先生の滅多打ちにあうっ、、!
そんなリスクを背負っての、お出かけでした。むしろそんなリスクがあるからこそ、大人の街、東京。←
あー、先生ごめんなさい。
いつも、見て見ぬふりをして見逃してくれてありがとう。(泣)時には、一緒に遊んでくれてありがとう(笑)

なんて、わたしの高校時代が悪いやつで終わりそうなのでここで追加を。


自由ヶ丘は、わたしが受験生の時に通っていた予備校がある場所でもありました。そのため高校三年からは、そこはプリクラの駅→受験勉強の駅とわたしの中での位置づけが変わってしまいました。
ここからわたしにとっての東京、自由ヶ丘が変貌します。
あんなに胸踊らせるわくわくtownが、行きたくないtownに変わる。
受験の被害がわたしの街に対するイメージにも影響を及ぼした!
そんなわけで、高校までのわたしの東京そこは、近くにありながら、未知でわくわく胸踊る場所。 高校三年生からは勉強をしなくてはならない場所と変わりました。

ちなみに、今も自由ヶ丘はわたしにとっての東京であります。それは、わたしが住んでる最寄駅とは違うどこかおしゃれ雰囲気、大人雰囲気を感じるからかも知れません。高校生の頃から行き慣れた自由ヶ丘ですが、いまだに未知の部分がたくさんあり、もっともっと散策してその東京らしさ、その自由ヶ丘らしさを追求したいと思います。

次の担当はなんとっ、住んでる最寄駅が隣の駅という、ご近所さんな井口さんです!
近い場所に住んでいて、東京に対してどんな違いがあるのか楽しみですー(^-^)/

私の東京~コンサート遠征~

Category : 私の東京
こんばんは。今回の担当は石田です。

ここ3週間ほどは学祭やら課題やらその他のあれやこれやで恐ろしいスケジュールでしたがやっと落ち着いてきてほっとしている今日このごろです。

ベッドで横になってふつーに眠れることにものすごく幸せを感じています。

あと最近はアニメや特撮映画が公開ラッシュで嬉しい反面、時間もお金もやりくりが大変でちょっとしんどいです。

今朝はテアトル新宿で「伏」を観ました。

明日は朝イチでマクロスを観てきます。

今週末はエヴァ公開ですね。
あ゛ーでも序と破の復習まだだわー っていうかその前にまどマギと009とギャバンも観たい...

こんな感じで落ち着いたとはいえ自分で自分を忙しくしてます。


前説が長くなりました。別にここから話膨らませようとかそういった魂胆はさらさら無いんですが(ー ー;)


私にとっての東京、ですよね。東京東京東京...

やはり「コンサートのために来る場所」っていう印象が強いです。
でもこれだと前回の中尾さんとがぶってしまうんですよねー


ねー


でもこのまま行きます。


小学生の時、一般発売日に電話予約が奇跡的に繋がって何とかチケットを手に入れ、当時神のように崇めていたあゆのコンサートのために母親と東京スタジアム(現:味の素スタジアム)へ行ったのが「コンサートのために東京へ行く」という一番最初の体験でした。

その日は公演中にスタンドの2階席後方から全力で「あゆーっ!!あゆーっ!!!」って連呼していたら、次の日全く声が出なくなっていてびっくりしたのをよく覚えてます。

その後あゆはもちろん、あとは中・高時代に何故か夢中になっていたジャニーズ系アイドル達のコンサートのために母親や友人と年に数回東京に来ていました。

あのころはコンサートのために生きていたと言っても過言ではありません。「このテスト終わったらあゆに会えるあゆに会えるあゆに会える…」みたいな感じで自分を奮い立たせてましたね。それから常日頃「どんなうちわ作ったら目立つかな」って考えたり、「次のコンサートの時のために新曲の振り付け覚えなきゃ」ってPVを繰り返し繰り返し観たり、とにかくコンサート中心に生活をしていた気がします。もっと他にすることなかったんですかね。

大学進学のために上京してからは、親の目が届かないのを良いことに食費を切り詰め自分が気になった人のコンサートやイベントには可能な限り行くようになりました。CD借りるよりもコンサートのチケット買う方が先ってこともザラにあります。

写真は上京してから自分が今までに行ったコンサートやらイベントやらのチケットの半券です。たぶんこれでほぼ全部です。何だか似たような写真を中尾さんが過去にアップしていたような…でもまぁ私のは特にきれいに整理したりとかしていないので、全くの別物と思って見てください。


チケ 写真



この中にはコンサート以外にもトークイベント、映画の初日舞台挨拶、展覧会、演劇等々かなりごちゃごちゃになっているんですが。

恐らく3分の2くらいはアニメや声優さん絡みのものです。これを見るとつくづく自分の趣味変わったなぁ…と関心します。ちょっと前まで二次元なんて興味ゼロだったのに。不思議ですね。

「平日、授業が終わってからコンサート(やイベントなど)に行く」というのを日常的に出来るところに、今東京に住んでいて一番の幸せを感じます。

私の実家は群馬なんですが、東京にコンサート参戦のために来るっていうのは基本的に1日がかりの壮大なプロジェクトなんですね。それが今や平日の、しかも学校のついでくらいのノリで自分がさらっとこなせてしまっていて、毎回帰り道では「東京に住んでるってすごいわー…」としみじみ感動しています。

今後も都内在住を武器に興味の沸いた様々なコンサートやらイベントやらに可能な限り足を運んでいく所存です。

あれ。こんな感じの締め方でいいのかな。なんかしっくりこない。
でもとりあえず長々してしまったのでこのへんでおしまいにします。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

次回は藤本さんです。よろしくです。ではでは今回はこの辺でm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。