スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人公。

Category : リレーコラム
はじめまして。今回担当させていただきます。石田です。

更新が遅れました。ごめんなさい。以後気をつけます。



では書き始めます。学校のゼミブログというこんなパブリックというかオフィシャルというか、そういう雰囲気の漂う場で自分の文を披露することに若干、いや本当はかなり恐怖を感じています。



文章を通して自分の脳内というか中身を見られる気がして、落ち着かないというか何というか。自意識過剰もいいとこですね。でも怖い。


そんなこと言いながらmixiとTwitterはガンガン利用してますが。


恐らく大学・学部名、自分の名前を晒した上での書き込みというのが、この恐怖の根源なのではないかと思います。変に緊張するというか、素直に書けなくなりそうな気がしてなりません。


でも書かねばならないのでとにかく書きます。








本題に行きます。お題は「主人公」でしたよね。




ゔーん・・・・・・・




ってやってても仕方ないのでとりあえず連想ゲームをしてみました。


で、結果こんなかんじです。




image map..




字が美しくないのはスルーして下さい。電車に揺られながらとか、書いてるうちに意識が飛びそうになるだとか色々あったので。


小学生の頃私にこの手法を教えてくれた先生は、これをイメージマップと呼んでいました。でも色々呼称が存在するみたいですね。この手法の正式名称は何ていうんでしょうか。まぁ別に何でも良いんですけど。


それにしても見づらいですね。何てまとまりが無いんでしょう。こういうことろに性格が出るとかよく言いますよね。こういうの心理学の専門家の方に見てもらったら何て言われるのか気になるなぁ…って思えてきたけど脱線しそうなのでそのことは忘れます。思ったままに書き足していったらこんなことになりました。しかもかなり自分の嗜好が露わになっているというか、やけに偏っているのがわかります。でも決して意識して書いたわけではないんですよ。一応言い訳しておきます。


こんな風にイメージマップを書いてみたはいいものの、結局いまいちピンとこない。


ゔーん・・・主人公・・・・・・・主人公主人公主人公・・・・主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公・・・主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公主人公ぉ・・・




・・・ずっと同じ漢字を見てるとこれが文字でなく何かの記号というか、マークのように見えてきます。あぁー主人公って何なんだ。そもそもこの漢字の組み合わせなんなんだよ。どこで切れるんだ。「主人」と「公」ですか?でも主人がおおやけになって…あー、なんかこじつけでアリな気もするけどどうなんだろ。語源あるのかな・・・




というわけで調べてみたところ、ありました。


主人公とは、禅からきた言葉のようです。昔々中国に瑞巌(ずいがん)和尚という方がいらして、毎日自分に向かって「主人公」と呼びかけていたそうです。詳しいお話はこちらへ↓


禅語「主人公」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト


ということで本来の意味は「主人公=人間一人ひとりの主体的な人格」、別のサイトでは「本来の自己」「真実の自己」という風に説明されています。あれれ。現代の意味合いとだいぶ違う…。因みに主人公以外にも今日我々がよく使用している禅から生まれた言葉って結構あるようで、自由、馬鹿、玄関、愛嬌などなど調べるとかなりありそうです。


それにしても変わった和尚さんですね。何故主人公という言葉をチョイスしたのか。とても気になる。本人に是非お聞きしたい。


ですがここでいくつか問題が。上記のサイトの原文を読む限り、主人公という言葉が既にその時期存在していたのかそれとも瑞巌和尚さんが作ったのか、はっきりしません。また、いつ頃から現代のような「主人公=主役」的意味で使われるようになったのかもちょっとググっただけではわかりませんでした。


しかしながらここまで長々書いてしまったのと時間の関係上とりあえず今回はこのへんで終わらせていただきます。ここまで読んでくださってありがとうございました。残りはまたいつか。空いた時間にちまちま調べていこうかと思っています。機会があれば次回以降の私のターンの時に触れるかもしれないです。ではでは。








・・・あ。忘れるとこでした。次回のお題は「玄関」です。文中で1回しか出てきてないけど。井口さん、よろしくお願いします。




その他参考サイト


ぼくの日記 - 主人公
http://kin2009.blog41.fc2.com/blog-entry-65.html


禅語に親しむ
http://www.jyofukuji.com/10zengo/2005/02.htm

旅行

Category : リレーコラム
みなさん初めまして。

本日のブログを担当します、堀込一菜です。

基本マイペースにのんびり生きてますが、美味しいものを食べたときはすっごくテンションが上がります!
暇なときはネットやアプリで美味しそうなお店を探して、1人でワクワクしてます。



さてさて、今日から6月ですね!
でも「まだ5月病・・・」なんて方もいるかと思います。

そんな方のために、今回はできるだけ明るくて爽やかな内容のブログにできたらと思いますので、よろしくお願いします!


テーマは『旅行』!


………



金丸くん、書きやすいテーマにしてくれてありがとうございます(笑)

どんなテーマが来るのだろうかとびくびくしていたのですが、これなら迷うことなく書けそう!


みなさん、きっとこの子は自分の旅行記を写真と共に綴るんだろうなーと思いましたよね?(笑)


そーんなありきたりなことはしません!


まず初めに、旅行という意味の英語がいくつか存在するのはご存知ですよね。
Travel・Trip・Journey・Tour
ぱっと思いつくのはこんな感じです。

それぞれ少しずつニュアンスが異なるのですが、今回私が語りたいのはずばり"Trip"であります!
そうです、私はTripが大好きなのです!

Tripってすごく気軽に使われる言葉だと思います。
例えば、休日にちょっと遠くにお出かけすることをShort Tripなんて言います。
それから、ボートで川を往復することをBoat Tripと言うこともできちゃうんです。
荷造りをして飛び立つような旅ではなくても、日帰りであっても、むしろ小一時間で終わるとしても、それもTripになるんです。

私が思うに、"Trip"の感覚って日本語で言う『お出かけ』のようなものではないでしょうか。
その内容は観光かもしれないし、お買い物かもしれないし、映画だって、デートだって、ドライブだってあり得ます。

でも放課後行くにはちょっと遠いし時間も足りないな~っていう場所に、お休みの日を利用して行ってみるのが、私なりのTripです。

映画とかお買い物だけなら学校帰りにだって行けるので、そういった目的重視ではなく、その日の気分に任せて場所を決めます。

練馬区に住んでいる私にとっては、横浜、江ノ島、鎌倉、お台場なんかがちょうど良い距離ですが、こういった有名なお出かけスポットでなくても全然楽しめます。

もちろん行った先でお買い物をしたり映画を見ることもありますし、逆に何もせずただふらふらしただけで帰ってくることもあります。
というのも、このTripの醍醐味は
その土地を歩いて、雰囲気を感じる
ことなので、何をするかはあまり重要ではありません。

そこにある建物、街並み、人など、目に映る景色を楽しみながら、その土地の雰囲気を感じるんです。

歴史を感じる街とか、自然が豊かな場所とか、都会の高層ビルが建ち並ぶ様子とか、それぞれの街が持つ雰囲気はどれも興味深くてワクワクします。

行ったことのある場所でも、季節や時間が変わればまた違った雰囲気が楽しめます。
この前はこんなのなかったのにー!なんていう驚きがあるかもしれません。

その土地の空気をぼーっと感じながら歩くだけで、じわじわと気分が満たされるのです。


そんな私のお気に入りの一枚!
横浜の山下公園から撮ったものです。
大好きなジブリ映画『コクリコ坂から』の中でもちらっと描かれていた歴史のあるホテル「ニューグランド」の向かいです。
映画を見たその日にそのまま行き、うみ(主人公の女の子)の気分になってみました。


334.jpg



ということで、5月病を吹き飛ばしたい方、いつも休日はごろごろしてるうちに夜になるよって方、ぜひTripしてみてはいかがでしょうか!
充実した休日になること間違いなしです!

次回のテーマは『主人公』で石田さんよろしくお願いします!

青春

Category : リレーコラム
はじめまして!
今回ブログを担当します金丸達哉です!
ゼミブログ、僕で8人目となり、宮本ゼミ3期生は全15名なので、ちょうど折り返し地点に来たわけなのです。自分の番が回ってくるのがあっというま((((;゚Д゚))))他のみなさんのようにうまく書けるかヒジョーに不安です!


そして今回のお題が「青春
ふむふむ、青春・・・
おお、なんか青春だったらかけそうだなーと。まあ今すぐ考えずとも明日になればアイディアなんてぽんぽんでるさとさっさと布団に入ったのが既にフラグだったのか。いざ!となると何も浮かばない・・しっかりと伏線を回収してしまったようです。昨日の自分が憎々しい。
このままではいけないと思いまず青春について調べてみたところ、一節には青春の「青」には果物の未熟な状態や、青二才、ケツの青いガキ(そこまでは言ってない)、などというような「青」の意味があるみたいですね。やはり一般的なイメージ通り若い時期を指すんですねー。
ただ一括りに青春といっても、何に対して自分が青春を感じるのか、というのは人によってまちまちですよね。友情、恋愛、スポーツ、はたまた勉強に青春を見出す人もいると思います。そしてそういうことは現在進行形で「あー俺今青春してるわー若いわー・・え?君青春してないの?ごっめーんひと足先に青春しちゃってごっめーん」みたいに自覚することができる人ってそれこそ地獄のミサワぐらいじゃあないでしょうか。いや、わかりませんが。

と、こんな感じでぬるぬると言葉を並べてみたはいいものの、問題が出てまいりました。自分で撮った写真をブログに貼る。
普段写真を撮る習慣がないのでこれは困った。/(-_-)\

とはいえ、写真を撮るっていいなー自分用のカメラ欲しいなー。そう思っている時期が僕にもありました。
事実かつて高校生の頃、親にねだって修学旅行前にデジカメを買ってもらいワクワクしながら旅行に向かったという端から見れば微笑ましいこともあったんですよ。
んで、とった枚数が

2枚

内訳 (釣りをしている友人と 橋)
のみ

母は驚いていました。僕も驚きました。あんなに写真を撮る気満々で行ったのにこの始末。
一応僕の名誉にかけて言っておきますが、写真を撮ってくれる友人がいなかったわけではないんです。いや本当に。ただいつ撮ろうかなーなんて思っていたら気づいたら旅行自体が終わっていた。何を言っているか分からねーと思うが俺も何が起きたのかわからなかった。まあこれもきっと青春の一ページですよね。(涙目)
そんな人生を送ってきた僕なのですが、必死こいて青春ぽい写真を探してみました。苦し紛れに見つけた写真がこれです
2012-05-30 23.06.33






じゃーん。なかなかよくないですか?え?引っぱった割にたいしたことない?ぐぬぬ。ちなみに去年サークル合宿で明け方撮ったやつです。


さて、このような茶番で終わってしまうのも申し訳ないので、個人的にこれは紹介しておきたい!という作品があります。
「秒速5センチメートル」(2007/監督 新海誠)

というアニメーション映画なのですが、僕が青春と聞いてパッと出てきたのがこれです。約一時間ほどで、3つの短編から構成されており、恋愛における「距離」、物理的な距離や、心理的な距離が繊細に表現されていて、映像を見てもらえるとわかりますが、作画がとにかく綺麗です。これを見るとあー青春だなぁと感じられるのではないでしょうか。ただ僕は観てかなりヘコミましたが。よかったらぜひ!

はい!以上でおわります!
ながながと見ていただきありがとうございました!
次は堀込さんです!お題は『旅行』で!

洋服

Category : リレーコラム
みなさん、初めまして。


好きな食べ物は白ごはん!
だけどダイエット中だから一口で我慢してるよ、耐えてる自分が嫌いじゃないよ、こと、小林 葵です。


自己紹介が長くなりましたが、
どうぞよろしくお願いします。


藤本さんのリラックス方法はネイルなんですね(*´ω`*) 爪の先までお洒落な女の子に、とても憧れます。

私は飲食店でアルバイトをしているので縁のないお話であります。藤本さんの可愛い爪を見て、にやにやしておこうと思います



さて!私のお題は『洋服』!


はい~。ここ数年、洋服のジャンルは本当に増えましたよね!

男性の方のことは詳しくわかりませんが、"清楚系""森ガール""古着""ガーリーボーイッシュ""セレブカジュアル"などなど。ファッションに疎いのでこれまたよくわかりませんが。笑

ファッション雑誌の種類も数知れず。


こうなってくると自分がどの路線で行こうか迷ってしまいませんか? 私はいまだにわかりません。というより欲張りなので、何でも着ます。


その日の気分を重視するので
毎朝ファッションショーをしています
(洋服が決まらないので遅刻します。ごめんなさい。)


そんな私が今日お話したいのは
「洋服を感じる」ということです!


え?シルクのツルツルや肌触りとか
スカートの方が女の子らしくていいよな~とか、そういうことじゃありませんよ(°ё°)!


確かに洋服は着るものですが、
一着一着、またはコーディネートした組み合わせから、選んだり眺めたり工夫したり!洋服に対してたくさんの感情が生まれるものだと私は思います。


うーん(笑)
イマイチ伝わりにくいでしょうか。
お洋服って素敵!!!ときめく!!!
っといった感じです


そこでみなさんに「洋服を感じる」楽しさがわかる作品をご紹介します。

こちら!!!どーんっ!!!

『Paradise Kiss』(1995/矢沢あい)
2011年、北川景子さん主演の映画で話題となったのでご存知の方も多いのではないでしょうか。(残念ながら私は観ていません。)

主人公は成績優秀の女子高校生・早坂 紫。服飾専門学校の生徒たちのショーモデルとなることをきっかけに、そこで出会ったデザイナーの卵達の真剣な姿に惹かれていく。そして彼女自身も成長していく物語。

恋愛や青春の葛藤など、様々な要素を扱う作品ですが、漫画といえば、絵も魅力の一つ。

矢沢あいさんの作品は数ある漫画の中でも、特にリアリティとオシャレさを感じます。白黒にも関わらず、描かれている一つ一つががキラキラしたり、色を持ったりして見えるので不思議です

物語も含め、この作品が大好きで何度も読み返しています。

洋服が大好きな登場人物を通して見る世界は、新しい発見がいっぱいなのです!私のバイブルでもあります!

他にも、『下妻物語』(2004/嶽本野ばら)や『アメリ』(2001/ジャン=ピエール・ジュネ)など、映画美術にこだわりが見れる作品をみては、お洋服に至福を感じるのです


心なしか女子力(笑)も上がる気がします。


だいぶ女性よりのお話になってしまいましたが、男性の方でもファッションを気にされる方は最近とても多いですよね。これからは男性のファッションにも目を向けてみたいです


あ!!!


お洒落がいいとは思っていません
自分が着たい服を着れば、きっとその日が素敵な1日になるはず!


Don't think, feel!
が、意外にも私の"洋服を感じる"という行為にピッタリな言葉に思えます


さてさて長くなりましたが、
ここらへんでバトンタッチです。

次のお題は『青春』で、
金丸くんお願いします(*^_^*)


拙い文章でしたが
読んでくれてありがとうございました!

   

リラックス

Category : リレーコラム
みなさんこんにちは!
騒がしい人見知り 藤本こと 藤本みなみです。

のらりくらりとゆったりしてます(^-^)

リラックス、、リラックスといえば、紅茶飲んだりTVを見たり、というイメージですが、わたしのリラックス方法はネイルをすることです!

何か行き詰ったときに、ネイルをぬっていると心が落ち着いて無心になれるのです。
それでは 今日は、リラックス方法であるネイルについてお話していきたいと思います!

(男子のみなさんごめんなさい!)

まずネイルには、自分でやるセルフネイルとお店でやってもらうもの、ネイルチップといって完成した爪を自分の爪
に付ける3種類があります。


最近わたしがはまっているのが この最後のネイルチップなのであります!
自分で一本一本好きなデザインを考えて、絵にして、それを ネイル師さん(ネイルチップを個人で作成しお仕事してる方など)に送り、作ってもらうのです。最近は、富山県にあるネイル師さんにデザインを送ってつくって頂きました。 こちらがそのデザインになります。
120525_2309~001



このネコは、私が好きな洋服のブランドのworld wide loveのキャラクターです。自分で、デザインを考えるところまでは出来ても、なかなかネイルチップを作るのはやはり難しく、最近ではこのようにネイル師さんに頼んでオリジナルネイルチップを作ってもらう方が多いようです。

私が思う、自分で作らずに頼む大きな理由はこれです。

ネイルの材料を売っているお店が、ネイル検定3級以上持っている人、ネイリスト検定を持っている人のみにしか売れないというお店が多いのです。また、その方たちのみに割引をするお店が多いのです。プロのネイリストさん達を優遇するお店が多いので、本格的なネイルチップを高い材料費をはらって手間をかけて自分で作るぐらいなら、いっそ頼んで綺麗なものを作ってもらったほうが良いと思う方が多いのではないでしょうか。

また、ネイルチップに人気が高まっている理由として、その値段も関係します。
お店に直接行って自分の爪にネイルをしてもらうと、場所や質にもよるのですが、8000円くらいかかってしまいます。
しかし、ネイルチップですと、オリジナルネイル(自分でデザインを考えて作ってもらうもの)は5000円ほど、また既製品のネイルチップですともっとお手頃の値段で買うことができるのです。

また、お仕事やアルバイトで、ネイルが禁止されているところが多いですよね。ネイルチップは毎日付けたりはずしたりできるので、便利なところも魅力です。洋服や気分によって毎日ネイルを変えたい!というおしゃれさんにもネイルチップの取り外しのできる便利さは利点のようです。
他にも、自分の爪の形がいや、という方や どうも爪が伸びにくかったり折れやすい、という悩みを持ったかたにも、長さや強度を簡単に変えられるチップは魅力的です。

ネイルといえば、女性というイメージが強く、男性とは無縁にみえますが、男性にはなぜネイルをやる文化が広がらなかったのか、その点についても今度調べてみたいと思います。

乱文失礼致します。
読んでくれたみなさま ありがとうございました!

次のお題は、「洋服」でお願いします。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。