スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○が怖い!~小さい頃は可愛かった~

Category : ○○が怖い!
こんにちわわ!
ゴールデンウィークにチワワを飼い始めて可愛過ぎて食べちゃいたいです怖いですね小林です!(勢いが大事)

みんな怖いものあるんですなあ。
○○恐怖症で言えば、私はドット恐怖症です。背筋が凍る怖さで言えば、私は年がら年中、金縛りにおける擬似霊体験をしています。

でも、上の二つと同じくらいゾゾーっとする怖いものを紹介します。

その名も『アイドルオタクの弟』。

なぜか私のiPhoneに彼の自撮り(※自分自身のことを自ら撮ること)がありました。そう仲良しですよ。


まずは弟の簡単なプロフィールです。
私の5歳下、16歳の高校2年生。
埼玉の奥の方、ド田舎の高校に通っています
身長は180cm程で体重は少し重そう。
性格は明るいです。悪く言えばウルサイ。

フューチャーフォンユーザーの彼は、私のiPhoneで毎日パズドラをしています。私のiPhoneのロックを解除できます。それくらい仲良しです。



そんな彼が中学校~の頃、まだ「AKB48だっけ?あの人数多いアイドル…」ぐらいの知名度だった彼女達の名前をスラスラ言うようになりました。いわゆる研究生にも詳しい。HDDの録画に溜まる『有吉共和国』『』…(先日の総選挙で1位に輝いた指原りのさんのピン番組『さしこのくせに』もバッチリ録画していました。)ついには誰が好きか自分の中で推しメンができます。


お姉ちゃんはこう言います。
「好きなんだね~。珍しいね。」(素直にそう思いました。)


ところがAKB48の人気が爆発した頃、
ついに弟も一ファンとして彼女達の晴れ姿を喜んでいるかと思いきや「いや、AKBはもうオワコン。時代はももクロだよ!」


も、ももクロ???

ももいろクローバー(Z)です。今でこそ彼女達は人気ですが、まだまだ深夜にこっそり短い番組枠をもらっていたような時期でした。お姉ちゃんは少しクラクラしました。


この頃から、弟の行動に異変が見られます。高校生になったからでしょうか、土日に頻繁に外出するようになりました。

さらに学校から帰ってくるとテレビという自宅最大の画面を独占し、ライブDVDをすり減るくらい観るようになります。


そして叫ぶのです。
「かなこぉ~↑↑」


おぅふ(;;゜;ё;゜;;)
わ、私は今なにかいけないものを見てしまった。そんな気持ちになりました。

小さい頃はあんなに可愛かった弟が、今目の前で叫んでます。変な声で。背筋がゾッとして変な汗が出ました。


ここまでが去年ぐらいのお話。

そのあと、「ももクロもオワコン」だと言い(AKB48のファンが流れ込んできた、且つその人たちはマナーが悪いそうです。)『私立恵比寿中学』というアイドルグループを応援し始めます。


そのあと…そのあと…
もう本当に聞いたこともないアイドルを応援するようになりました。


今の彼の現状を分かりやすく伝えると、(恐怖ポイント)

・毎日動画三昧。もちろんミックス(※曲に合わせたオタク特有の合いの手)をしながら観る。ヲタ芸もできる。180cmもの巨体がヲタ芸をすると本当に危ない。
・土日は必ずイベントかライブ。都内路線は私より詳しい。同じ田舎者だと思ってたのにぃ…
・驚きの行動力。オタクの友達や尊敬するオタクの方がいるらしい。コミュニケーション能力が高いのかなあ。大きくなったねえ。
・アイドルを最前列で見るのではなく、ヲタ芸をするために最後列にスタンバイする。その気遣いもはや尊敬する。
・なかなかの地位を築いてたり、アイドルに顔を覚えられたりしてるらしい。もはや私の知っている弟でない。


そして最大の恐怖は
「私もカラオケで歌えるほどアイドルの曲を覚え、彼女達に魅力を感じ、好きなアイドルができた」という事実。


ピエエェェェエエエ…


いま私がメンバー全員のTwitterフォローしている程、魅力を感じて仕方がないのが『でんぱ組.inc』!
私のお気に入りの曲『でんでんぱっしょん』です
むふふふふふふふ


さてさて締めに向かいます。


私は自分自身、ジャニヲタだったという過去を持っているので何かを好きでいる、夢中でいる、必死に応援する素晴らしさを知っています。(ん?知っているというか、なんていうのか、好きです!)


つまりオタクだから怖いというわけじゃなく、私の恐怖の原因は「弟の秘めていた様々なパワーが解放された」ところにあるのかなと。え、ブラザーコンプレックスじゃないですよ。弟の成長っぷりに驚きを隠せないのです。(正しい成長なのかは定かではないのですが、たしか私も中~高校にジャニヲタを経験しました。) 若さも怖いですが。


あ、でも弟に「彼女いないの?」と質問したところ、「彼女いたらドルオタ(アイドルオタク)やってねえよ!」と言われた時は、顔面蒼白でした。空いた口が塞がりませんでしたよ。


とは言ったものの、弟の迫力にコワイィと思いながらも、仲良く平和な毎日を過ごしております。


今は正直なところ、でんぱ組.incのライブへ行きたいです。


それではこんな感じで、
私の怖いお話はおしまいにさせていただきます。私の怖さが伝わっていることを願うことばかりです。笑


お次は井口さん。
いぐちの怖いものって…気になる!
よろしくお願いします。

みなさま読んでくださって、
ありがとうございました( *`ω´)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。