スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で一番○○だったこと ~地獄の10分間~

Category : 「人生で一番○○だったこと」
こんばんは!ほりごめです。

まず初めに、前回のゼミ長のエントリーをまだ読んでいない方はぜひ読んで下さい!
面白すぎるので…笑

あんなに面白いシュールなお話は書けないのですが、私も中高時代の部活について書かせていただきます!

中高6年間、私はダンス部に所属していました。

ダンスといってもノリノリで楽しむものではなく、
テーマを決めて作品を一から創り、競技として全国大会や発表会に出場するものでした。

とにかく練習が厳しい&先生やコーチがこわく、朝起きて
はい…今日も部活…
と認識した瞬間の逃げ出したい気持ち、今でも覚えています。

そんな部活での経験から、今日は
人生で1番苦しかった10分間
について書きたいと思います。

大会や発表会に向けての練習では、作品を創り終わると 「踊り込み」という段階に入ります。
本番と同じ広さで踊りながら練習を重ねるものです。

そして大会直前になると、最後の練習メニュー「二本通し」が始まります。
これは単純に同じ作品(5分程度)を二回連続で踊るものなのですが、これが

地獄の10分間

なのです。


言葉ではあまり伝わらないと思いますが、要は10分間休みなしで全力で走ったり飛んだり回ったり転がったりを繰り返すってことです。
(創作ダンスは床技もリフトもあるのです。)

想像して下さい!

一本踊るだけでも体力の限界なのですが、それが2回となると…もう!!
(言葉で伝えるの難しい)

もちろんただ踊れば良いのではなく、感情移入もし、注意すべき点を考えながら踊る必要があります。

その上、2本目のために体力を残すべく1本目を手抜きで踊ろうものなら
先生&コーチからの激が飛んで来ます。

そんな「二本通し」を乗り越えるためには普段からの体力作りももちろんですが、
何より気持ちを強く持たなければやっていけませんでした。

部員みんなで
「80年の人生の中のたった10分だよ。超一瞬じゃん!!!!
何が二本通しだよ!!!」
と言い合いながら臨んでいました。

最初のポーズをとってから曲が始まるまでの数秒間で、緊張と恐ろしさと不安と興奮が押し寄せてきて、消えたくなります。

でも、当たり前ですが必ず10分間は終わります。
良かった…私生きてる…
と毎回思っていました。

これだけ書くとマイナスイメージしかありませんが、二本通しはとても意味のある練習メニューでした。

たった一度きりの本番、それも5分間の舞台を完璧なものにするためには、
「ぎりぎり踊り切れる体力」
ではダメで、
余裕を持って踊れてこそ、表情や指先にまで神経を張ることができ、より質の高い作品になるのです。

これってダンスに限ったことではなく、色んなことに言えますよね!
本番だけ奇跡が起こるなんてことは珍しく、何事も準備の段階で120%の力を注ぐことで、本番がより確実なものになるのかなと思います。

実際に私の部活は関東に限った大会ではほぼ毎回入賞しており、全国大会でも一度だけ入賞できました。

その時の写真がこちら!



怖い写真でごめんなさい。

照明が暗いので分かりづらいのですが、『ムンクの叫び』をテーマにしたものです。


とにかく、「二本通し」の10分間は今までの人生の中で1番苦しくて、濃いものでした。
どんなに辛いことも、恐怖の10分間を思い出すとへっちゃらです。

ということで、
「人生で一番辛かったこと」
について書かせていただきました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。