スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で一番○○だったこと~青春~

Category : 「人生で一番○○だったこと」
こんばんは!
最近悩み事があったり、色々と考えこんでしまったり、なかなか眠れない徐コウです。
(TO:ルーチョ 漢字あってますよ!)

今日は、ブログを更新したら、すぐお布団に入るつもりです!(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、本題に戻りましょう→「人生で一番〇〇だったこと」
皆様の文章を読んだら、すごく青春の匂いを感じました。
みんなより年上の自分も青春のしっぽを掴みたいので、こちらのテーマにしました。



「人生で一番青春と感じたこと」?「人生で一番青春と感じた琴」!

6歳からお琴を習っていました←なぜ過去形なのか、それは今もうやめましたからです。
まず、琴について簡単な説明をさせて頂きます。

日本で「こと」と呼ばれる楽器は、「琴」と「箏」、2つの漢字があります。
この2つは本来違うものでした。

現在一般的な日本の琴は、正式に「箏(そう)のこと」というものです。これは、絃が13本張ってあり、柱(じ)と呼ばれるものを置く位置によって、音の高低を調整します。これに対し、「琴(きん)のこと」は、柱がなく、絃の数も箏より少ない7絃です。

「琴」が中国から伝来した後、平安時代くらいまでは区別されていたようですが、江戸時代になると、「琴」、「箏」、「こと」と呼ぶようになり、今は混用されています。

一方、中国で、「琴」と「箏」は全く別の物です。
漢字で「古琴(グーチン)」、「古筝(グージェン)」と書きます。
それぞれ日本と微妙に違う物ですが、「古琴」と「古筝」自身の違いは、日本の「琴」と「箏」とほぼ同じです。

少し説明し難いですが、多分動画の方がわかりやすいと思います。



柱がない「古琴」↓


柱がある「古筝」↓(名曲!大絶賛!)



私が習ったのは、中国の21絃の「古筝」です。(2個目の動画に映っている物と同じ)

古筝が好きだから習ったわけではありません。
元々大好きなピアノを習う予定でしたが、教室は定員になったため、しょうがなく、隣に空いている古筝教室を通い始めました。

レッスンは週一回しかないですが、親は短気であまり耐えない私を忍耐強い、根性がある人間に変えるため、毎日練習させられました。好きでもない物を毎日やるのは正直辛かったです。当時、5年くらいの喧嘩と涙ばかりの生活を送りました。
けど、お母さんはもし古筝検定試験(中国の民族楽器のグレードテスト、最も簡単な1級から始まり、最高級は試験機関によって異なって9級または10級まである)の最高級10級に合格したら、ピアノを買ってくれると約束したので、何となく頑張れそうな気がしました。

本当に才能があるからか、反抗期か、プライドが高く負けず嫌いの性格だからか、自分は5年間で古筝10級を取りました。その後、3年間でピアノ8級を手に入れました。

古筝試験が終わった後、ある上海古筝愛好者団体に呼ばれ、古筝だけの楽団を組みました。
写真 2-1_meitu_6

一番年下のメンバーとして、最初はよく褒められて少しずつ古筝のことを好きになったが、一回目の演奏会後、指揮者に「確かに才能がある、上手、けど感情が入っていない、体が硬い、表情がない、あなたの演奏を見るよりCDを聞くほうがいい」などと厳しく批判され、一瞬魂を抜かれた気分になりました。
自分の弱点は知っていますけど、自尊心のせいでなかなか認めたくないです。だって、自分の弱さを認めるということは、一時的に自分の今までの存在基盤を自分で否定することになるからです。でも、弱点を克服しないとずっと「ベンチ組」にいるかもと考え、負けたくない私は先輩たちを考察し、真似をし始めました。そのうち、どんどん自己流のやり方を見つけ、体も表情も豊かになり、舞台に戻れるようになりました。
演奏後、初めて花束をもらった瞬間、努力の価値を感じました。
写真 4_meitu_3
(↑歌がうまいということで、合唱団の前で古筝を弾きながら、ソロで歌わせて頂きました!)

それ以来、様々な舞台に出ったり、有名人や別の国の演奏家とコラボしたり、賞をもらったり、CDや本やDVDを作ったりして、最高の青春時代を送りました。
写真 3_meitu_2

更に、古筝のお陰で、自分はある意味、「推薦」で地元に一流の中学・高校・大学に入ることができました。
しかし、「推薦」なので、よく「あいつは特待生よ、楽器しかできない、勉強なんか無理」とか軽蔑されました。皆が勉強している時、遊んでいる時、寝ている時、塾を通っている時、子供らしいことをやっている時、私は古筝しかやっていません。確かに勉強する時間が少なかったが、私も誰にも見えないところで人一倍で頑張っています!

誰かに「私も勉強できる!」という事を証明したいではなく、ただ古筝がない、推薦がない、誰も知らないところで自分はどうなるかを知りたくて、大学を退学し、すべてを捨て、一人で日本にきました。
(・ω<)新しい人生の扉を開けました。

好き?嫌い?今も言えないですが、古筝がたくさんの「はじめて」をくれました。
はじめての痛み、はじめての喜び、はじめての舞台、はじめての花束、はじめての挫折、はじめてのソロ、はじめての…

特に、感謝したいのは、古筝が最高の親友をくれたことです!
大好きな3人のうち、なんと二人が今東京に留学なう!
特に一人の女の子は今明治商学部3年在学中です!
全然話し合ってないのに!
運命なのか、縁なのか☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
写真 5_meitu_4


もしakb48が前田敦子の青春の全てだったと言えるなら、

古筝は、私の青春のすべてでした!(1996年〜2009年)
2.gif


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いやー、ちょっと待って!青春って長~いもんですよね?
今も青春「中」と言えるかしら…(笑)

最後に、大好きな台湾歌手 JAY の古筝動画で終わらせていただきます!
めっちゃかっこいい!!素人なのに!!



次は豊島さん、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。