スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で一番○○だったこと ~あの頃は楽しかった~

Category : 「人生で一番○○だったこと」
こんばんは。
前回の原田あいこちゃんの素敵な記事のあとに、書く勇気がありません。小林です。

私は小さい頃は人より読書が好きで、そのおかげで漢字テストが大の得意でした。けれど高校生ぐらいからでしょうか…別にスポーツに目覚めたわけでもなんでもないけれど、読書からすっかり離れてしまい

今ではゼミのプレゼンで漢字が読めなくて、みなさんにツッコまれる日々です。読書は好きなんですけども。これを機に遠藤周作先生の本、手にとってみようかなと思います。


さてさて前置きが長くなりました。
改めまして小林です。

私の人生で一番○○だったこと!は、
『人生で一番やりたい放題だったこと』です。パンパカパーン


今まで生きてきた21年間、「好きなことはやりたいようにやって、嫌いなこともやってると思います。たぶん。」みたいな人生を送っている人間だと思い込んでいます。が!


そんな私が特に、やりたい放題だったなあ…と思うこと。


それは、睡眠中に見る夢の中の話です。


ほら。また小林が変なことを言ってる。(・  ∀  ・)


いやいやいやいや。
もちろん多くの人が寝ている間に夢を見ることがあると思います。でもって、そこで非日常的な出来事を体験すると思います。この段階でも「現実で出来ないことをやりたい放題やっている」状態かもしれません。


私もその中の1人ですが、
私“真の“やりたい放題を夢の中で体験しているんです。

そう、夢を操ることができたのです。
(いや、ホントに!)

ただ今もできるという訳ではなく、
中学校の3年間だけでした。

きっかけはコイツです

『夢のーと』

見てください。この痛々しい表紙。
晒すかどうか迷いましたよ。
もう穴があったら入りたいどころか穴の入り口埋めて誰にも会いたくないですよ。


話は戻りまして!


この『夢のーと』は、先ほどお話した通り、中学校3年間書いていました。

幼稚園の時に見た夢で、覚えている夢をまず書き始め、それから夢を見る度に、日付と夢の内容をありのまま書くようにしていました。

私の夢ってヘンテコな夢ばかりで、嫌気がさしたので記録をつけて解決したいと思ったことがきっかけです。

たとえばこんな感じ。
“6月30日 急遽コンサートに行くことになって、急いで行ったらペンライトを忘れて、誰か貸してくれる人を探してたらオバサン(たぶん鈴木園子だった!)が貸してあげるとか言って貸してくれた。後日、多額の請求が来た。“


ありのまま書くので、大抵の場合、
文章がひどいことになっています。笑


他に、千原ジュニアさんが唐突に出てきたり、漫画「ドラゴンヘッド」の模様みたいに全身黒い点々ができたり。きっとどこか脳の端っこで意識してたんだろうな…というものばかりなんですけどね。


では具体的に夢を操るとはどういうことかと言うと、そのままなのですが、ツラツラと書くよりもわかりやすく箇条書きにしてみました。

・これは夢だ、という自覚がある
・ヘンテコな設定でも受け入れている
・夢の中の自分に命令ができる
・夢から逃げ出すこともできる
・関係のない登場人物を呼ぶことも可
・空を飛ぶことが多い(逃げる手段)
・時々思い通りにならない
・その時はチクショウ!と思いながら夢を続ける


こんな感じです。
RPGみたいなイメージでしょうか。


すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、専門的な言葉で言うと、どうやら私は『明晰夢(めいせきむ)』を見ることができたようです。


明晰夢について更に調べると、なんと「明晰夢を見るためには訓練が必要である」ことがわかりました。


けれど明確な訓練方法は、まだわからないのだそう。


しかし、しかしですよ!
「明晰夢を見るためには、その日見た夢をできる限り思い出し記録をつけることを続ける方法が薦められている。」


ふむふむ…えっ


そう。私が暇すぎて始めた『夢のーと』。確実に『夢のーと』のおかげで、明晰夢が見れるようになったんだと確信しています。


そしてノートを付けることをやめてしまった今、夢を操ることなんて一切できません。


だけど辛うじて夢を見ているという自覚があるので、自分の好きなタイミングで夢を終わらせたり、まだこの夢を見ていたいから…って粘ったりはしています。むむ?これって操っているに入るのかしら。


さてさて。ここで私は気づきました。
一体やりたい放題って何をしたの?

そもそもブログのテーマでいうと、ここを書かなければならないのに!!!


でもみなさん考えてみてください。


やりたい放題にできる自分の夢のお話なんて、恥ずかしくてれできませんヨ。だって夢で溢れてるんだから。


これからは睡眠中の夢でなく、
現実世界の夢を成し遂げる方法を見つけなければなりませんね!


お後がよろしいようで(ハァト)


こんなバトンパスでごめんなさい。笑
お次は後藤くんです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。