スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の持ってる水。

Category : 「私の持ってる××」
こんばんは。おととい何故かきゃりーぱみゅぱみゅさんのライヴに行きました。石田です。


いや別に冒頭のこの文は無くても良いかなと思ったんですが、他のみなさんが冒頭になにかしら一言入れているので自分も加えてみました。ちなみに、ライヴは面白かったです。バックで踊ってたキッズ達が強烈に印象に残っています。



さて本題ですが、今回取り上げるのはお水です。うぉーたーです。


水は私の好きな飲み物ランキングで堂々の2位にランクインしています。(ちなみに1位は牛乳。) 私の鞄の中に財布・携帯・定期・手帳そして水は常に必ず入っています。好きな銘柄は◯olvicです。基本的に市販の水ではこれ以外買いません。◯olvic大好きです。


私は水を買う前に必ずチェックするポイントがあります。軟水かどうかってことです。


聞いたことのある方は多いと思いますが、水の分類方法には「軟水」「硬水」というように硬度によって分けるものがあります。


と、言ってはみたものの水の硬度に関する自分の知識がかなり曖昧だということにこれを書きながら気付いたので少し硬度について調べてみました。

硬度とは水の中に含まれるミネラル分、もっというとカルシウムやマグネシウムの合計量を数値化したもののことで、算出基準は国によって結構ばらばらですが日本ではアメリカと同じ方法が一般的に採用されているようです。計算によって出された数値が100以下なら軟水、301以上を硬水、その間の101〜300の水は中硬水と呼んでいるみたいです。ちなみに○olvicの硬度は60です。

味の違いはというと、これはあくまで私の感想ですが、軟水は柔らかいまろやかーな飲み口で、後味がほんのり甘いです。一方の硬水ですがこちらは重々しく、後味がなんとなく苦いような感じがします。同じ軟水・硬水でもメーカーによっても味は大きく違いますが。

ここだけ読むと軟水の方が良さそうに思えますが、硬水にも良いところはありますよ。硬水はカルシウムやマグネシウムが豊富な分、運動中・運動後の水分補給に適しています。運動中に足がつったり筋肉が痙攣したりするのはミネラル分の不足が主な原因らしいので、硬水を飲むことでそういったトラブルを未然に防ぐことにつながります。あとは便秘解消とかダイエットにも効くみたいですね。(他にも色々特徴はありますが全部書くときりがないので省略します。)


国ごとの水の硬度の差についても、多くのサイトで触れられていました。島国か大陸かだとか、地中の地殻物質の違いとか色々絡んでるらしいんですが、例えばヨーロッパの水は全体的に硬度が高めだといわれています。日本の水はというと約80%の生活用水は硬度60前後の軟水らしいです。(あ、○olvicに近い。)日本に生まれて良かった。


何だか調べ学習的なことになってしまいましたが、そもそも何故私が軟水にこだわるようになったのかというと、きっかけはかなり単純です。

数年前ですかね。上京したてのころ私は学生寮に住んでいて、そこには専門学校に通ってる同年代の子が多くいました。そのうちの1人がヴォーカル科に通っていて、その子は軟水しか飲まない主義だったんです。ある日その理由について本人に聞いたら「声のためだよ」って言っていました。その子曰く、声を出す時に一番大事な器官は喉の辺りにある「声帯」という部分らしいんですが、そこを一番傷付けない飲み物が水、しかも軟水なんだそうです。ちなみにコーヒーなんかに入っているカフェインやお酒のアルコールは声帯にとって最悪って言ってました。

で、そんなことを聞いた当時の私は何故だか軟水を飲むことがどうにもかっこよく思えてしまって、以来軟水ばっかり飲むようになり、いろんなメーカーの水を飲むうちに味の違いがわかるようになってきて、最終的に◯olvicに落ち着きました。

中高生の頃は水なんてどれも一緒、わざわざ選んで買うのは裕福なセレブのやつらだけだ、と思っていました。というか水を買うという行為自体理解出来ませんでした。が、今となっては部屋にこんなものまで置く始末です。


水 ①

何だかわかりますか。そうです。ウォーターサーバーです。もちろん出てくる水は軟水ですよ。玄関に置いてあります。高さは125センチほどあります。結構でかい。お湯も出してくれるのでとっても便利です。このコが来て以来、◯ィファールの電気ケトルの出番がめっきり減っています。1人暮らしのくせに贅沢だなぁって我ながら思います。でもこれは別に買ったわけじゃないんですよ。ある日母親が街頭の怪しげなくじ引きで当ててきました。本体はタダです。毎月28日に佐川のおじさんが替えのボトルを運んで来ます。

替えボトルはこんな感じで届きます。

水 ②

こんな風に箱に入って来ます。箱の一辺は30センチくらいなので結構場所を取ります。中には12リットルの水が入ったボトルが。写真を見てわかるように現在4箱もためております。なので玄関が狭い狭い。毎晩帰宅して玄関の電気をつけようとする度に躓いています。玄関に段ボールを置くことは風水的に良くないなんて聞いたこともありますが、どうしようもありません。そろそろ水の配達を一時ストップしてもらわねばと考えている今日この頃です。


無理矢理な気がしないでもないですが、長々書いてしまったので今回はこの辺りでおしまいにさせていただきます。ここまで読んで下さってありがとうございます。

次回は堀込さんでしたか。よろしくお願いします。ではでは。


<参考サイト>
水鏡~美味しい水の香り~ 「硬水と軟水」
  http://homepage2.nifty.com/ukifune/Aqua/ahardsoft.htm
ウォーターサーバー.net「軟水と硬水の違い」
  http://ウォーターサーバー.net/water/nansui-kousui.php
サントリー ホームページ「水大事典」
  http://www.suntory.co.jp/company/mizu/jiten/life/li_09_01.html
ソフトウォータークラブ ~軟水で究極スキンケア ~「日本は軟水、海外は硬水って本当?」
  http://softwater.jp/what/000117.html
evian 公式ホームページ「ミネラル量と水の硬度、硬水と軟水の違い」
  http://www.evian.co.jp/water/type/04/
All About「運動後は硬水?軟水? 運動時の水の選び方」
  http://allabout.co.jp/gm/gc/380226/
volvic 公式ホームページ「水の硬度『硬水と軟水』」
  http://www.volvic.co.jp/volvic/water/hardness.html

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。