スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第10回】充実。

Category : 卒業にあたって
こんにちは。今回の担当は石田です。

只今部屋の大掃除中で地味に忙しいです。モノを減らそうと頑張ってます。昨日も大量の服やら本やらアイドルグッズやらを売りに出しました。いくらになるのやら。高値はこれっぽっちも期待してないですが。四次元のクローゼットが欲しいと切実に思う今日このごろです。



卒業式が近づいてます。式の当日に学生証を返却しなきゃいけないのがほんとに嫌。もう学割が使えないかと思うと胸が痛みます。色んな場面で見せると割引される魔法のカードだったのに・・・






学生証の話はさておき。皆さんが大学生活を振り返ってるので私もちょっとだけ振り返ります。

高校時代、オタクなものに目覚めました。テレビだったか新聞だったか忘れましたが、明大がマンガとかオタクなものを色々集めた図書館か何かをつくるっていうニュースを見て、この大学を受験しようと決めました。どの学部を受けようかと思い学部の一覧を見たとき、「国際日本」っていう文字に「なんか胡散臭そうだなぁ」と思いつつも目が留まりました。大学のパンフとかネットのサイトは正直よくみてなかったです。入学が決まってからちゃんと見返した記憶が(苦笑)



入学したての頃は、大学生活に期待とか希望とか持ってなくて、はやく留学したいとか、日本を出たいとか、そういうことを思ってました。現状から逃げ出したかったのかな。受験の前後は自暴自棄気味でしたね。色々とよくわかんなくてもやもやしてました。



だけど期待してなかった大学の授業で面白いと思えるものがいっぱいあって、自分の興味がどこに向いているのかってことが段々とわかってきました。やりたいことも明確になってきて、日本脱出計画は自然消滅です(笑)



で、その後色々あって3年次から宮本ゼミに入りました。ゼミを選ぶとき、「オタクっぽいことをもっと突き詰めたい」っていう希望がありました。でも、自分が興味あることばっかり見聞きしてると、確かに面白いんだけど、それだけじゃなんだか疲れてきちゃうんですよね。胃もたれする感覚に似てます。同じ趣味趣向の人たちが集まるところにいても必ずしもその人たちとうまくやっていけるわけじゃないし。時々窓を開けて部屋を換気するみたいに、自分の中の淀んだものをどうにかしたいなって思ってたときに宮本ゼミを見つけて、「ここ良いかも」と思ったんです。



ゼミに入ったは良かったんですが、最初の顔合わせの時はひどく後悔した記憶があります。なんていうか、キラキラした人が多いっていうか・・・みんなリア充っていうか・・・自分と対極的な、苦手なタイプの人がいっぱいいるなって直感して、どうしようどうしようって内心すごく焦ってました。これからの2年間がとても不安でした。そういう状態になると、私は黙ります。自分から他人に声をかけるなんていう危険なことは生死に関わるような場面でもない限りしません。話しかけられたらそれなりに対応はするんですけど、その前に話しかけられるのが怖くて無意識に距離をとります。そういう態度が他人から見てクールだとかよく勘違いされます。めんどくさいやつですね(笑)



そんな感じなので、3年の時はゼミ生の人とはあんまりお話ししてないかもしれないです。いや、今もかな(苦笑)でも出会ったころに比べれば随分コミュニケーションとれてるつもりでいます。進歩しました。うん。ゼミでは個人やグループで調べたりまとめたりしたことを発表する機会が結構あったけど、そういうものを通していろんな発見があったり、意見を交わしたり出来て面白かったです。



宮本先生はよく展覧会などの見学を企画してくださるんですが、それもかなり刺激になりました。一人で行くのも良いんだけど、先生と行くと色々と解説してもらえるのでなんだか得した気分になります(笑)興味があるジャンルの展示じゃなくても、先生がみんなで行くのを企画してくださったり「あの展示面白かったよ」っておっしゃっていたりすると、「私も行ってみようかな」って思えました。たとえ予定が合わなくてゼミの皆さんとは一緒に行けなくても、後日一人で足を運んだっていうことも何度かありました。






小学生から始まり今まで16年くらい学生をやってきましたが、大学生が一番面白かったです。高校の時まで学校って好きになれなくて、学校に行かせてもらえることはすごく幸せなことだとわかっていても、嫌だなって気持ちが拭えませんでした。大学生になって始めて、大学に来て良かったなって思いました。「学校が好き」といえるようになったのは、私の中ですごく大きな出来事です。今まで眠かった授業が面白いと思えるようになりました。自分は本当に何も知らないんだなぁと痛感もしました。



学校以外でもこの4年間個人的にほんとに色んなことがあって、色んな人に会って、色んなことに挑戦して、辛いことが多くて、ほぼ毎日寝不足と疲労感が半端なかったけど、それでも充実してました。「頑張らなきゃいけないことも多いけど、私は今幸せだな」ってよく思っていました。高校までははやく卒業したいと思ってたけど、今は卒業したくないと思ってます。卒業するっていうより、無理矢理卒業させられる気持ちです(笑)



だけどいつまでも学生でいるわけにはいきません。これ以上両親に学費を出してもらうのは気が引けるし(-""-;) 特に金銭面で支えていただいた両親にも本当に感謝しています。あまり実家に帰らなくてごめんなさい。これからもあんまり帰らないけど(苦笑)




話がちょっと逸れました。とにかく、4年間が充実していたと今言えることがとても嬉しいです。卒業した後の不安はかなりありますが(笑)目標を達成するためにただただ努力します。




このへんでおしまいにしときますかね。最後に、宮本先生、ゼミの皆様、4年間で出会った全ての方々、本当にありがとうございました。




次は原田さんです。よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。