スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第8回】三度の飯よりも

Category : 卒業にあたって
卒業に際して振り返ってみると、思い出すことは沢山あり、書いては消し、書いては消しを繰り返していました。
考える、文字に起こしてみる、それを発信してみる、それについて誰かが反応してくれる。
こういった機会を持たせてくれるのも、うちのゼミの好きなところだなあと思います。
何時間書きなおしても結局話がゼミに戻ってくるので、自分にとってゼミがいかに大きな存在だったのか今すごくびっくりしています。


まずは大雑把に4年間を振り返りたいと思います。
大学生になる時に決めた目標は、「一年にひとつは必ず何か大きなこと、新しいことをやる」でした。
漠然とした目標でしたが、これは過去の経験を踏まえて立てた目標でした。
ちょっとした目標であったり、挑戦であったり、楽しいこと、大変なことは、日々何かしらあります。
でも、年度の終わりにその年を振り返った時、「今年はこれを頑張った一年だった」と一年にタイトルを付けられるほど大きな達成感が持てることはあまりありませんでした。
なので、大学からはそれをやってみようと思いました。
「大きなこと」は私スケールなので、小さいなー!というツッコミは甘んじて受けます。

海外旅行に行って、ペンパルに会いに行ったり、語学の検定をとったり、一人で祖母に会いに九州旅行をしてみたり、就活と卒論を頑張ってみたり、スキーも初挑戦してみたりしました。

他にも色々あるのですが、自分で振り返ってみて概ね満足な達成具合かなと思います。
何かをやった4年間として、ちゃんと自分の中で意味のあるものだったと思えるというか。

達成感と同時に、失敗も沢山…それはもう白目になるくらい出てきます。
自分のいやだなーよくないなーというところもたくさん分かりました。
失敗経験は今後に活かせる様、しっかり自分で努力しなければと思います。


そんな4年間の中でも、先生の授業は私の中で比重がとても大きいものでした。
2年からゼミに入っていたというのもありますし、2年、3年と前期後期とも講義をとっていたからです。
先生の授業はステキな意味でも\(^o^)/な意味でも授業時間に留まらないところが最大のポイントだと思います。
(決して先生よいしょのエントリではないです!)

アニメーション文化論、日本漫画史、2年ゼミ、3~4年ゼミ、活動は本当にどれも授業時間に留まりませんでした。
グループワークの話し合い、プレゼンの話し合い、練習、フィールドワーク、調べ物…ゼミ以外の講義だと学年もバラバラな初対面の人たちが集まって行動しなければいけません。
なんて大変な講義だ!とはじめはヒイヒイしていました。

また、高校時代は何かを人の前で発表する機会はあまり無く、基本的に受け身体勢でした。
挙手して解答!私の意見はこうだ!聞いてほしい!なんて思うこともあまり無かったように思います。

それが大学、特にゼミに入ってからは人数も少ないからすぐ発言の順番回ってくるし、みんなそれに対してどんどん意見を出すし、発表も私が考えつかないようなおもしろいことをするし、発表聞いてる人めっちゃ居るし、質問こわいし、答えられなかったら悔しいし、
それはもう負けてられないとメラメラせざるを得ませんでした。

でも何か言わないといけないなんて圧迫感はなくて、どの講義でも、私はこう思うんだけどみんなはどう思うのかな?と気軽に聞いてみることが出来るような雰囲気で、自然と能動的な姿勢に変われたのではないかと思います。
発言してみて撃沈なんてこともたくさんたくさんたくさんたくさんありましたが、決して否定されるというわけではなく、別の考え方が聞けたりして、それもまた良い経験でした。

そしてそれは先生の講義だけで行われるものではなくて、どこでも役に立つものでした。

講義を通して先生からもグループの人からもゼミ生からも刺激を受け、新しいことを教えてもらったり、自分もやってみようと挑戦してみたり。
ぜんぜん違うジャンルに興味を持つ人たちと交流する場、自分の考えを発信する場、そういった「環境」で大学生活を過ごせたのは実になるものがあったと思います。

3~4年ゼミの紹介文に「常識とかコミュニケーションとか、社会に出るにあたって役立つことも学べます」といったようなことが載っていた記憶があるのですが、本当にその通りだったなと思います。

ゼミの話を他ゼミや他学部、他大の友達にすると「大変だねー」なんて言われたりしましたが、自分的にはそうでもなくないかなー?なんて思ってたりして、私も気づかないうちにエムっ気に磨きがかかってたのでしょうか?

ええ~これやらなくてもいいんじゃないかな~と消極的になってたことも、やってみたら楽しかったり、実はそれが他の人と盛り上がれることに繋がったり、発言とか発表とか卒論だってそうですし…。
ゼミブログも、毎回必死に書いていましたが、積み上がったものを見ると何かを得られた気がします。

以前は過剰に失敗することを恐れていた部分がまるくなったのかなと思います。
これが得たことの中で一番大きいのかな。

っていう大学生活でした!

タイトルの三度の飯よりの続きは、好きなこと、楽しいこと、興味があることに向き合えた4年間だったな!です。



ということで結局うまくまとまらず、長くなりましたが、ここで終わりにしたいと思います。

お次は、うふふキティちゃん♡リズリサ♡にこにこ♡な女子かと思いきや、パソコンめっちゃ強いし、たまに中国語で電話してると「中国語うまいなー!そういえば中国から来たんだった!」って思い出したり、お話してると自分の軸がいつもしっかりしていてかっこいいなーと憧れる、隠れた魅力を持ちまくりなけいちゃんです。
3年間けいちゃんのパワポ力には大変お世話になりました…!



そして最後ということで詰め込んでみました!全部リベラです!
gaudete(2002)」めっちゃかっこいいです。
Libera - Gloria (Live!) 」鳥肌が立ちます。
Libera - Gaudete (2008 - Aled's) 」2002年と比べても乙です。
Stay with me」うっとりなります。
Adoramus」わくわくします。

語彙がないです!

2014年のリベラ来日は無さそうですが、もし来日が決まって、ふふん!一緒に行ってやってもいいよ!って人がいたら行きましょう\(^o^)/

2年間ゼミブログを書かせてくれた先生、読んでくださった方、ゼミ生のみなさま、ありがとうございましたー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。