スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第6回】私の四年間

Category : 卒業にあたって

引越しを明日に控え、段ボールの山を見ると、とうとう卒業なんだなぁ、としみじみ感じています。(まだ引越し準備が終わっていないので、本当はしみじみしている暇はありません。)


四年前、仙台から上京し、少しの不安と期待を抱き、東京での大学生活が始まりました。
浪人をし、苦労して入った大学で、四年間、いろんなものを吸収したい、と意気込んでいました。


四年間はとにかく興味のあることにチャレンジしました。

マスコミ研究室、アナウンス研究会、英語部、短期留学、英語合宿、スノボーサークル...
興味があればすぐその中に飛び込んで行きました。

その中で特に継続し、頑張ったと言えるものがこのゼミだったように思います。


このゼミに入ろうと思ったのは、アメリカでの短期留学がきっかけでした。

日本のアニメ、ゲーム、マンガが意外とアメリカで親しまれていることを知り、日本の文化って、海外の人から見ても魅力のあるものなんだなぁとぼんやり感じていました。


ゼミを決める際、留学での感じたことも頭の片隅にあり、ポップカルチャーって楽しそうだな、と気軽に考えて入室を決めました。

と言っても、アニメやマンガについて知識がほとんどなく、入ってから、これから大丈夫かな、と不安に思ったこともありました。笑

しかし、ゼミにはいろんな分野で知識豊富な、面白い人ばかり。

圧倒されつつ、吸収するのが楽しく感じていました。

このゼミに入って変わったことは、「自分で考える」ということです。


言われたことを素直に受け入れることが当たり前だと思っていましたが、客観視することや、言われていることが本当なのか、と疑問を持ってみることの大切さを学びました。


グループでの課題などでは、こんな考え方もあるんだ、みたいな発見があったり、違う視点で物事を考えてみると、違う結論が出たりして面白かったです。


しかし、なかなか上手く行かないこともあって、モチベーションが上がらないこともありましたが、それでも何とかやってこれました。


それは何よりも先生や、一緒に頑張ってきたゼミのみんなのおかげでした。
本当に感謝しています。


4月からは、地元である仙台に戻ることになりますが、四年前のいろんなものを貪欲に吸収する気持ち、宮本ゼミで学んだ、自分で考える大切さを忘れずに、頑張っていきたいと思います!


次は、アメリカから帰ってきてますます輝きを増したりか!よろしくー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。