スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第30回】光モノ。③

Category : 卒論日記
こんばんは。雪すごいですね。

雪のせいでバレンタインの話題はどこへやらって感じです。雪のおかげでバレンタインをさほど意識せずに1日を過ごせた、とも言い換えられえますが。



まぁとりあえず本題の卒論日記に話題を移しましょう。



私の卒論のタイトルは「今日のライブ会場で見られる客席での光モノの使用の起源と普及のきっかけは何か」です。簡単に言うとペンライトやサイリュームについて調べています。
よく、アイドルやアニソン系のライブだとファンの方々が光る何かを振りながら頑張って応援してるじゃないですか。あれです。ああいったライブ会場での光モノを使用しながらの応援は国内ではいつ始まって、どうやってその習慣が広まっていったんだろう、っていうのが研究テーマでした。「起源」と「きっかけ」、この2つが私の卒論の2本柱です。




仮説ですが、起源については「1974年に大阪球場で開催された西城秀樹のライブが、客席で光モノを使用した国内初の事例である」としました。きっかけに関しては思い当たることが多すぎてなかなか簡潔にまとめることが出来なかったので敢えて仮説は立てずに調査を開始しましたが、事前の下調べで1970年代~2000年代の間に何かありそうだなということを感じてはいたのでそれを意識しつつ調査を行いました。

調査の過程は卒論の目次を見ていただいた方がはやいかと思うので以下に貼り付けます↓


目次
第1章 はじめに

第2章 光モノの誕生と日本に入ってきた経緯
    2-1.サイリューム
        2-1-1.誕生と普及
        2-1-2.日本での普及
    2-2.ペンライト
        2-2-1.乾電池の歴史
        2-2-2.懐中電灯の歴史
        2-2-3.ペンライトの誕生

第3章 光モノがライブ会場等で使用されだした時期の調査
    3-1.芸能誌
        3-1-1.『月刊平凡』
        3-1-2.『近代映画』
        3-1-3.『月刊明星』
        3-1-4.通販広告ページ
    3-2.芸能以外の雑誌
    3-3.新聞
    
第4章 光モノの製造・販売業者の方へのインタビュー
    4-1.株式会社ルミカ
    4-2.ターンオン有限会社
    4-3.インタビューまとめ

第5章 まとめ


多少順序は前後しますがこんな感じで調査を進めてきました。

で、結論なんですが、雑誌の調査で1974年の資料は見つからなかったものの、国内においては西城さんのライブでいちはやく光モノの使用が浸透していたことは確かであるということがわかりました。
きっかけに関しては予想通りかなり要因が複雑そうだということがわかりましたが、現時点では「ジャニーズの影響が大きそう」だということ、そして「光モノの需要は2000年以降に急増している」ということがわかりました。仮説の段階で1970~2000年の間に何かあると睨んでいた私の予想はズレていたという結果になりました。




卒論発表会を終えてからは以前にも増して頻繁にYouTubeを観てます。
暇な時間を見つけては70年代~00年代のアイドルのライブ映像を中心に動画を漁り、客席に光モノが無いかどうかを確認する日々です。ついついステージに目がいって本来の目的を忘れることもしばしばですが…

発表会の時点では動画の調査について触れていませんでしたが、卒論集に載せていただくときには動画についての項目も追加できるように現在加筆作業を行っています。間に合うように頑張ります。



以上が石田の卒論日記でした。

お次は原田さんです。よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。