スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第29回】ハローキティ③

Category : 卒論日記
こんばんは、ジョコウです。
いよいよ、卒論日記の最終回を迎えました。

まず、この場を借りて、わざわざ卒論発表会に来てくださったサンリオファンの方に、お詫びとお礼を申し上げます。

①時間大幅にオーバーしてしまって、最後上手くまとめられなくて、がっかりさせて申し訳ございません。
②話す日本語、書く日本語両方下手で、伝えたいことが伝わらなくて、発表では聞きづらい箇所があり申し訳ございませんでした。
③わざわざ来て頂いて、ありがとうございました。
そして、ものすごく丁寧にブログにまとめてくださって、誠に有難く存じます。

残り僅かですが、期待を裏切らないように頑張りたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、卒論日記のまとめに入りたいと思います。

テーマ:「世界中にハローするキティちゃんーその人気の理由は何かー」


1.概要

・問題提起
 ①「なぜハローキティは世界中の人に愛されているのか」
 ②「人はハローキティに何を求めるのか」

・仮説
①ハローキティのセールスポイントは無表情や無口だけではない。ピンク色とリボン、その2つの要素がキティグッズに大きな影響を持っている。
②ハローキティはファンにとって、一緒に成長してきた仲間のような存在である。そして、いつも新しいデザインに挑戦するキティちゃんから勇気と自信がもらえる。

・この2つの仮説を第一章から第六章まで検証していきたいと思います。
 第一章では、サンリオの歴史と概要について。また、サンリオキャラクターの特徴と共通点、そしてサンリオキャラクター大賞について。
 第二章では、ハローキティの「波瀾万丈」の「人生」、つまり歴史について。(年代別で)
 第三章では、ハローキティとサンリオの他のキャラクターとの比較から見るキティの人気の理由について。
 第四章では、サンリオのブランド管理から見るハローキティが世界中に愛されている理由について。
 第五章では、デザイナーの山口裕子から見るハローキティが成功した理由について。
 第六章では、人はハローキティに何を求めるのかについて。
 第七章では、以上の6つの章をふまえて、様々な学説や検証とその結果を紹介し、最後にまとめ、考察していく。


2.変更
比較対象を「ポチャッコ」から「ポムポムプリン」に変更しました。
理由は前回の卒論日記に書いたよう、ポチャッコに関する資料が少なかったからです。
また、調べた結果、1996年に生まれたポムポムプリンは、翌年の1997年のサンリオキャラクター大賞でいきなり1位を獲得し、その後1998年から2001年まで、4年連続3位を獲得し、かなり人気があることが分かりました。
更に、白、ピンク、パステルカラーが多く使われているサンリオのキャラクターの中に、プリンは珍しく、明るい黄色いを用いているので、「ピンク色で人気復活したキティ」とも比べられると考えて、比較対象をプリンに変えました。


3.反省
卒論発表会で、先生に「『人はハローキティに何を求めるのか』についての答えは、相原さんの書いた物と同じではないか」と聞かれましたが、
当時、自分は、「相原さんが書いたのは全般(全体)のキャラクターのこと、そしてキティに当てはめると、こういう効果が得られます」と答えました。
しかし、振り返って考えると、確かに重なっている部分があります。
例えば、
相原さんの「安らぎ」→キティの「癒し」
「現実逃避」と「幼年回帰」→キティの「母性本能」と「幼児性に逃げ込む傾向」
「存在確認」と「変身願望」→キティの「グッズをつけて自己アピール」
など。
確かに、どう考えてもキティから得られる効能は、他のキャラクターからも得られます。
キティならではの物は何なのかを、改めて考える必要があると思っています。
また、この大事な章を、どうやってわかりやすく、相原さんの研究と自分の意見を分けて書くのかを考えています。



わたしからは以上となります。


正直、どんどん自信がなくなっていて、今すごくプレッシャーを感じています。


もしこの論文を私の母国で発表すると、絶対誰にも気付かれず、興味さえ持たれないと思います。
絶対幼稚とかつまらないとか意義ないとか言われると思います。
でも、今回の発表会を終えて、そしてohtakeさんのブログを見たら、
改めて、さすがキャラクター文化を大事にしている日本だなと感じました。


とにかく、残りの時間、出来る限り頑張りたいと思います。


お次は、石田さんです。

宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。