スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第23回】おジャ魔女どれみ。③

Category : 卒論日記
こんにちは。
卒論日記もついに最終回がスタートとなりました。

小林(葵)です。にょきにょき

内容に入る前に、先日行われた
『卒論発表会』のご報告をします!

(おお!FC2ブログの画像加工機能、面白いですね。)

こちらは発表会が無事終了し、
みんなで撮った集合写真です。

例年通り、学外の方もお招きして
卒論発表15分+質疑応答15分という形式で行われました。

卒論集ができるまでの加筆は許されているので、発表や質疑応答を参考に、さらに卒論の内容を濃くできるというわけです。

そういえば私は1年前、先輩方の卒論発表会の様子もこのブログに書きました。
あの時は先輩方がカッコ良くみえて仕方がなかったけれど…私たちは果たしてどうだったのでしょうか。

4期生のブログでも触れてくれています。ぐへ

そして一般の方も、すごく丁寧にブログにまとめてくださった方がいらっしゃいました。1人1人コメントもしてくださって、とても嬉しいです。(ohtakeさんのブログ『明治大学国際日本学部宮本大人ゼミナール卒論発表会3期生 (1 of 2)』)

卒論集もそうですが、自分たちの卒論がゼミの中だけに留まらない責任感ってすごく大事だなと感じます。

来てくださったみなさん、
本当にありがとうございました!




それでは私の卒論日記です!Ta-dahhhh

まずは私、前回の
自分の卒論日記を読んでみました。()

一体どの段階でこの記事を書いたんだろう…
論文でいうとすごく序盤の方、かつ自分が辛うじて自信を持っている部分の話をしているようです。ハハハ


それでは卒論日記の「まとめ」に入りたいと思います。


(1)私の『おジャ魔女論』で明らかにした(かった)こと

私の『おジャ魔女論』では、散々悩みながら取り組んだ結果、最初に決めた「おジャ魔女どれみに魔法がなくてはならなかった理由」に焦点をあてたものとなりました。それを言い換えると、「魔法の役割とは何だったか」になります。

具体的には、「魔女見習いという設定」「魔法の有限性」「魔法のマイナスイメージ」「魔法を使わない描写の多さ」「魔法使用時の映像」などといった観点から述べています。


(2)ちょこっとしたお話
割と最近に取り組んだ為、もっと早くやっておけばよかったー!且つ、楽しい!と思えた瞬間のお話です。
それは「魔法使用時の映像」。アニメ論なんだから、映像の話がなくて成立しちゃうなんてダメゾヨと、先生にご指摘を受け、焦るように取り組んだ私でしたが、始めてみると面白かったのです。

というわけで、全話の魔法使用シーンをすべて見直し、何かわかることはないかないかと暗闇の中映像を見続け…
その結果「作画の使いまわし」「使いまわしをしない場面」「クライマックス」「各シリーズの特徴」などに注目することができ、これらが私が今まで物語から論じてきた『おジャ魔女論』と関連性があるかを検証しました。

特に「魔法を使用している表情」は興味深く、魔法使用時はほぼ胸から上の図になるので、表情が視聴者に与える影響は大きいのではないかと考えました。


(3)卒論発表会を終えて
卒論発表会を終えて、反省点が。
それは「他の魔法少女アニメとの比べてどうなのか」ということです。

質疑応答でも解答はしましたが、魔法少女アニメといっても様々な種類があり比較対象を明確にせず、その場その場に応じて考えるという形をとっていました。(例えば「魔女姿に変身するのではなく、お着替えする」なら、カードキャプターさくらの「衣装を着る」が対比できるかな。とか、そんな感じにです。)

けれど「これが他のアニメではいえない、おジャ魔女の特徴です」
ド━(゚Д゚)━ン!!
という感じには、なれないのかな、まだまだなっちゃいないな…。

卒論発表会が終わってスッキリしたはずなのに、すごくモヤモヤするのです。

卒論集が完成するまでになんとか、
このモヤモヤを解消させたい次第です。


(4)結論
改めて、「おジャ魔女どれみに描かれる魔法の役割とは何だったのか」についてです。

私の出した結論は以下の2点です。
・魔法に細かい設定を設けることで日常性や親近感を演出し、魔法に対する「憧れ」を「現実」に近づけた
・「努力」「悲しみ」「生と死」など、人間が生きてく上で大切にすべきことを、物語の答えとして導き出した。


どうしてこの結論に至ったかは、ぜひ卒論を読んでいただけたらなと思います。
時間が許す限り、ここにもド━(゚Д゚)━ン!!感を増やしたいと考えています!


(5)卒論日記の最終回を迎えて
きっと後々、卒業を迎えて…を書くのかな、と考えているので、あまりここでは振り返るつもりはありません。

だけど、どれみちゃん達にはありったけの感謝をしています。猛烈に!
…あいこちゃんが好きだけど。ハァト


長くなりましたが、
私からは以上であります。

それでは、みなさんの卒論日記最終回をお楽しみください。

お次は「女の子写真」のトシマさんです。
よろぴくです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。