スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第12回】光モノ。 その②

Category : 卒論日記
こんにちは。石田です。

今回から卒論日記2周目です。

私の卒論のテーマは「今日のライブ会場等で見られる客席での光モノの使用の起源と普及のきっかけは何か」です。簡単に言うとサイリュームとかペンライトとかについて調べています。詳しくはこの卒論日記の第2回を参照してみて下さい。

前回の自分のターンの時期と比べてやっと忙しさが落ち着き卒論に集中出来るぞー・・・と思いきや、他の授業の宿題などやることがゴロゴロ残ってて憂鬱な気持ちが拭えない今日この頃です。「頑張れ自分」と自分を励ましながらなんとかやっています。

前回から2週間ほど経過しましたが著しく進歩したと思えるようなことは特になく・・・相変わらず時間をみつけては図書館通いの日々です。

あ、そういえば。
前回(卒論日記 第2回)のブログの更新連絡を宮本先生がツイートなさった後そのつぶやきにある方が反応して下さり、その際そのお方が「是非とも昨年のColdplayの演出に触れて欲しいですね。」的なコメントをして下さいました。で、それを発見した私はというと、


速攻ググりましたよ。


そもそもColdplayとはイギリスの男性ロックバンドです。(とか言う私も洋楽は全然詳しくないのでそれ以上のことはよく知らないんですけど。) 去年の彼らのツアー映像を探し出して拝見したんですが、これがすごかった。動画は探せば大量に見つかりますが、以下はそのいっぱいあるうちの一つです↓

NEW COLDPLAY Live Emirates Charlie Brown Xylobands HD - YouTube

うぉー超ーかっけーーーー    って言いたくなりますね(笑)
この場に立ち合えなかったのが残念でなりません。ほんとに。

光の正体を調べてみるとxyloband(読み:ザイロバンド) という何だかちょっといかつい名前のリストバンドに行き着きました。以下本体の写真↓
ザイロ1
【出典:www.zagg.com】

まだ詳細がわかっていませんが、少なくとも外国で生まれた製品であることは間違いありません。写真を見ておわかりのように色はいくつか種類があって、名前のわりに結構、いや、かなりおしゃれなデザインです。去年のColdplayのツアーでは毎回これが来場者1人1人に無料で配布されたんだとか。そしてこのザイロバンドを配布するために1ステージ日本円で約4000万円かけたんだとか。すごい。リッチですね。

ちなみにこれが光ってる時の写真。↓
ザイロ2
【出典:www.coldplay.com】

本体にLEDが内蔵されている模様。ザイロバンドは専用のソフトウェアによってコントロールされており、会場内には約300mの範囲で何か特殊なシグナルが飛んでいて、そのシグナルを受けて本体が曲に合わせ自動で点滅するようになっているようです。言い換えれば自分の意思で光るタイミングを変えたり、オンオフするなどの操作はできません。(つまり家に持って帰ってもライブの記念品として飾っておくくらいしか用途がないという・・・)

ザイロバンドの演出が加わったColdplayのツアーは2012年4月に開始。同年の11月には既に日本のロックバンドUVERworldが国内で初めてザイロバンドをライブに取り入れ、その他にもaikoやももクロ、サザンなど何組かの国内アーティストのライブで採用されているようです。あと今年バンプのミュージックビデオにも使われたみたい。全然知らなかった・・・。



ここまでザイロバンドについてつらつら書いてきましたが、光り方を一斉に操作できる光モノの機器は既に日本でも開発されているんです。現時点の調査で少なくとも3社が開発に取り組んでいることがわかっています。アイドルやアニソン歌手のライブ、また歌番組などで公開実験が何件かなされていて、国内でもその存在はじわじわと浸透しつつあります。

このようなタイプの光り物は観客にとって新鮮で、新しいライブの演出としてプラスに受け止められることが多いのですが、一方で色や光り方をコントロールされることに対して抵抗を感じる人がいることも事実です。

そもそも客席のファンが光モノを使いだしたのは、暗い会場の中でそれを使って目立ち、ステージの上にいる人間に気づいてもらいたいという心理が大きく働いていたのだと私は考えています。

だから、従来の光モノとザイロバンドのような一斉操作型の光モノって、同じ光モノでも性質が違うと思うんですよね。例えばアイドルやアニソンのライブ会場での客席の光モノは「能動的」で、逆にザイロバンドのような光モノは「受動的」・・・というふうにも言い換えられると思います。(でも能動的だから良いとか受動的だから劣っているとか、そういうことを言いたいわけでは決してないんですよ!!)


まだまだしっかりとまとめられていないんですが、「○○年頃から光モノが客席で使用されて~」といった事実の調査結果だけでなく、上記したような光モノの質的な違いについても最終的には言及したいと思っています。時間が間に合えばの話ですが・・・。


といった感じでこのあたりでこの文章は締めくくりたいと思います。
雑な締め方でごめんなさい。

Coldplayのライブの存在を教えてくださった方、ありがとうございました! 
とっても参考になりました!!



次回はまた渡島ゼミ長で良いんでしたけ?間違ってたらごめんなさい。

それではー。




参考サイト
「ライブでの一体感がハンパない“xyloband”っていったい何なの! エンタメ情報まとめサイト『minp!』」
〈http://www.minp-matome.jp/pub/24E73CDD-93A4-4006-A3BD-A06B73C48739〉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。