スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第3回】漫画とホームレス

Category : 卒論日記
こんばんは 渡島です。 

卒論日記第三回を担当させていただきます。



僕の卒論のテーマは「漫画に描かれるホームレス状態者はホームレス状態者のイメージを作ったか」というものです。※以下、ホームレスは本来「状態」を指す語なので、ホームレスはホームレス状態者と表記します。

仮説は「漫画に描かれるホームレスはホームレスのイメージを作った」というものです。
現時点では間違いないと考えています。

昔から、個人的にホームレス問題に関心があり、ゼミの範疇と何とか絡めようとした結果、このテーマを選択するに至りました。

漫画を読んでいてホームレス状態者の描かれ方って何だか、パターン化されていると感じていました。
同じような外見的特徴を持っていて、同じような性格で、同じようなセリフを使い、同じような場所に登場し、同じような役回りを与えられていると思えたのです。

そして

「あれ? 同じようなイメージで描かれてはいるけど、ホームレス状態者の方ってそんな、皆同じような人間な訳ないよな。同じように描かれてしまうことで起きている影響ってありそうだな。」と考えるに至り、実際のところはどうなのだろうかという好奇心で今まで調査を進めてきました。


実際どうか


調査を進めるうちに一概に同じイメージばかりが焼き直しされているとは言い切れないと思いました。
でも、複数の決まったイメージがあることは間違いないと考えています。



調査を進めるうえで、曲者なのが調査範囲です。どのジャンルの、どの雑誌?または単行本?をどれだけの期間分読むのか。これを固めるのにはとても時間が掛かってしまいました。

結局、9月ごろやっと調査範囲は青年誌10誌1年分(2012年1号~2012年最終号)+ホームレス状態者の登場の確認できる単行本作品約50作品としました。

ここから例のごとく国立国会図書館への行脚が始まりました。

週刊誌だと一日11:00くらいから18:00くらいの滞在時間で大体半年分を読むことができます。
一日ずーといるとナチュラルハイで楽しくなってきます。でもやはり気分転換も必要なわけで。
その方法があれですね。青年誌であるが故の特典、ムフフなページを読むことですね。
ホームレスの登場した作品をメモしていると思ったら、グラビアアイドルの名前をメモしていた時は一旦(しばらく)休憩しました。

ちなみに一昨日は自転車で行ってみました。皇居周りの紅葉が綺麗でした。これからはもっと自転車で行ってみようかと思いました。 



さて、ひたすら雑誌を読み続けるという作業も残すところは週刊ヤングジャンプ半年分を残すのみとなっています。
今、怖いのは調査視点が抜け落ちていないかです。もし読み直しになったら・・・ドラゴンボールの精神と時の部屋が必要です。現状でもあったら使いたいですが。


------------------------------
ここまで読んできて分かったこと。かつ、ここに書いて興味を持って頂けそうなこと

・想像していたよりホームレスの登場する作品は少ない
1年で発行された全号の中で、週刊誌の場合で平均4号分くらいにしかホームレス状態者が登場しません。しかし、登場しないことにも意味を見出せると信じて調査しています。


・女性ホームレス状態者の描かれ方が男性のそれに比べ、ファンタジー寄り
 「そんなことありえないだろう」というような描かれ方で女性ホームレス状態者が描かれる傾向にあると感じています。漫画に登場する女性ホームレス状態者は男性ホームレス状態者が漫画に描かれる場合に比べファンタジックになっています。

・ヒゲ、長髪、ボウシ 
数少なく描かれるホームレスの外見的特長として、ヒゲ、長髪、ボウシという特徴が多くのホームレス状態者に与えられています。
------------------------------

単行本作品の調査の方は時代に特に制限を設けず調査を行っているので、時代順に並べて、変遷を探ってみても面白いかなと考えています。


まだまだ、漫画によるイメージと他の媒体によるイメージの比較や、漫画の読み手に対してのイメージ調査など、やりたいことはボリューム満点の星空、きらきら武士なのですが、ブシッと頑張りたいと思います。次の更新担当の際には深まった内容をお伝えしたいと思います。ありがとうございました。




次は豊島さんです。ファイトノコギリ!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。