スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中

Category : リレーコラム
こんばんは、
ワードで名字を打つと赤い波線引かれObamaと予測変換されることに悩んでおります、Obara(小原)と申します。


えーっと、さやかから真夜中というお題をいただきまして、
悩みが増えたわけですけど、まず真夜中って何時のことだよ、と。
一般的に0時って思われてるみたいですが、
日の入りと日の出の時間は必ずしも0時じゃないから、そうとも言えないみたいですね。
……ま、いっか。


はい、では本題に入りましょ。
時間とか関係なしに、真夜中?だなーと思った経験を。


去年のちょうど今頃に、ボランティアとして宮城県石巻市に行きました。
震災から3カ月たった頃で、阪神淡路大震災の頃で言うと、
ボランティアが撤退し始める時期。

やることはあるのだろうか、と思いながら現地に着くと、ただただ唖然。
やること以前に、自分が何をやれるのか、分からなくなりました。

isinomaki2.jpg


isinomaki1.jpg

上に載せた2枚の写真が、町の中心部の一番被害が大きいと言われたところ。
高台から見える様子と、下から見える様子。
下から撮った写真の奥に見えるのは、行き場を失った瓦礫たち。
このすぐ後ろにある、猛威を奮った海も見えなくなるまでに、積み重ねられてました。



私がボランティアとして働いた地区は、まだ家が多く残っている所。
業務としては、家の中や庭に蓄積された泥やゴミを取り除き、
家の建て直しができる状態に戻すこと。
ひとつの家をきれいにするのに3日近くかかりました。


作業中やそれ以外の時間、町で会うさまざまな人が当時の話を聞かせてくれました。
とにかく恐ろしかったです。
話していただいた方と一緒に大泣きしたこともありました。


失ったものが大きすぎて、自分のボランティアなんかでは何も変わらないのではないか
先が見えなくなりました
でも、そこにいた誰よりも、現地の人が一番希望を持って話してくれました。
「こうやって助けてくれる人がいるから、大丈夫だから、明けない夜はないから。」


気付かされちゃいました。
支援をしに行ったのは私なのに、支えるより先に、ちゃんと前を向いていました。
家がなくなって、仕事がなくなって、人が亡くなって、
前が見えない真っ暗な真夜中の世界に、太陽を取り戻すのは、
この気持ちからなんだな、と痛感させられました。


それ以降、私は石巻に行けていませんが、
今はボランティアの環境も整ってきて、非常に活動しやすくなっているようです。
でも、まだボランティアを必要としている人はいます。
一度しか行っていない私が言うのもおかしいですが、やはり継続的な支援を求めています。


少しでも、興味を持たれた方がいらっしゃったら、
ぜひ行って欲しいと思います。
どっか、ボランティアの機関を探している方がいらっしゃいましたら、
私が利用したところで良ければ紹介しますので、ぜひぜひ。


はい、なんだか、いい子ちゃんの作文みたいになっちゃいましたし、
不快な思いをさせてしまう内容だったかもしれません。
でも、伝えたいこと、忘れて欲しくないことでもあったので、ご容赦下さい。


えー最後なんですが、私なんかのへったくそな文章より、
石巻で出会ったお父さんの息子さんのバンドの曲、FLY「未来へ」が
石巻の人の想いを伝えてくれています。
今だからこそ聞いて欲しい歌です。ぜひ聞いてみてください。





では、次は「今」ってことで、
あやの、よろしくです(^o^)/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。