スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春

Category : リレーコラム
はじめまして!
今回ブログを担当します金丸達哉です!
ゼミブログ、僕で8人目となり、宮本ゼミ3期生は全15名なので、ちょうど折り返し地点に来たわけなのです。自分の番が回ってくるのがあっというま((((;゚Д゚))))他のみなさんのようにうまく書けるかヒジョーに不安です!


そして今回のお題が「青春
ふむふむ、青春・・・
おお、なんか青春だったらかけそうだなーと。まあ今すぐ考えずとも明日になればアイディアなんてぽんぽんでるさとさっさと布団に入ったのが既にフラグだったのか。いざ!となると何も浮かばない・・しっかりと伏線を回収してしまったようです。昨日の自分が憎々しい。
このままではいけないと思いまず青春について調べてみたところ、一節には青春の「青」には果物の未熟な状態や、青二才、ケツの青いガキ(そこまでは言ってない)、などというような「青」の意味があるみたいですね。やはり一般的なイメージ通り若い時期を指すんですねー。
ただ一括りに青春といっても、何に対して自分が青春を感じるのか、というのは人によってまちまちですよね。友情、恋愛、スポーツ、はたまた勉強に青春を見出す人もいると思います。そしてそういうことは現在進行形で「あー俺今青春してるわー若いわー・・え?君青春してないの?ごっめーんひと足先に青春しちゃってごっめーん」みたいに自覚することができる人ってそれこそ地獄のミサワぐらいじゃあないでしょうか。いや、わかりませんが。

と、こんな感じでぬるぬると言葉を並べてみたはいいものの、問題が出てまいりました。自分で撮った写真をブログに貼る。
普段写真を撮る習慣がないのでこれは困った。/(-_-)\

とはいえ、写真を撮るっていいなー自分用のカメラ欲しいなー。そう思っている時期が僕にもありました。
事実かつて高校生の頃、親にねだって修学旅行前にデジカメを買ってもらいワクワクしながら旅行に向かったという端から見れば微笑ましいこともあったんですよ。
んで、とった枚数が

2枚

内訳 (釣りをしている友人と 橋)
のみ

母は驚いていました。僕も驚きました。あんなに写真を撮る気満々で行ったのにこの始末。
一応僕の名誉にかけて言っておきますが、写真を撮ってくれる友人がいなかったわけではないんです。いや本当に。ただいつ撮ろうかなーなんて思っていたら気づいたら旅行自体が終わっていた。何を言っているか分からねーと思うが俺も何が起きたのかわからなかった。まあこれもきっと青春の一ページですよね。(涙目)
そんな人生を送ってきた僕なのですが、必死こいて青春ぽい写真を探してみました。苦し紛れに見つけた写真がこれです
2012-05-30 23.06.33






じゃーん。なかなかよくないですか?え?引っぱった割にたいしたことない?ぐぬぬ。ちなみに去年サークル合宿で明け方撮ったやつです。


さて、このような茶番で終わってしまうのも申し訳ないので、個人的にこれは紹介しておきたい!という作品があります。
「秒速5センチメートル」(2007/監督 新海誠)

というアニメーション映画なのですが、僕が青春と聞いてパッと出てきたのがこれです。約一時間ほどで、3つの短編から構成されており、恋愛における「距離」、物理的な距離や、心理的な距離が繊細に表現されていて、映像を見てもらえるとわかりますが、作画がとにかく綺麗です。これを見るとあー青春だなぁと感じられるのではないでしょうか。ただ僕は観てかなりヘコミましたが。よかったらぜひ!

はい!以上でおわります!
ながながと見ていただきありがとうございました!
次は堀込さんです!お題は『旅行』で!

スポンサーサイト

洋服

Category : リレーコラム
みなさん、初めまして。


好きな食べ物は白ごはん!
だけどダイエット中だから一口で我慢してるよ、耐えてる自分が嫌いじゃないよ、こと、小林 葵です。


自己紹介が長くなりましたが、
どうぞよろしくお願いします。


藤本さんのリラックス方法はネイルなんですね(*´ω`*) 爪の先までお洒落な女の子に、とても憧れます。

私は飲食店でアルバイトをしているので縁のないお話であります。藤本さんの可愛い爪を見て、にやにやしておこうと思います



さて!私のお題は『洋服』!


はい~。ここ数年、洋服のジャンルは本当に増えましたよね!

男性の方のことは詳しくわかりませんが、"清楚系""森ガール""古着""ガーリーボーイッシュ""セレブカジュアル"などなど。ファッションに疎いのでこれまたよくわかりませんが。笑

ファッション雑誌の種類も数知れず。


こうなってくると自分がどの路線で行こうか迷ってしまいませんか? 私はいまだにわかりません。というより欲張りなので、何でも着ます。


その日の気分を重視するので
毎朝ファッションショーをしています
(洋服が決まらないので遅刻します。ごめんなさい。)


そんな私が今日お話したいのは
「洋服を感じる」ということです!


え?シルクのツルツルや肌触りとか
スカートの方が女の子らしくていいよな~とか、そういうことじゃありませんよ(°ё°)!


確かに洋服は着るものですが、
一着一着、またはコーディネートした組み合わせから、選んだり眺めたり工夫したり!洋服に対してたくさんの感情が生まれるものだと私は思います。


うーん(笑)
イマイチ伝わりにくいでしょうか。
お洋服って素敵!!!ときめく!!!
っといった感じです


そこでみなさんに「洋服を感じる」楽しさがわかる作品をご紹介します。

こちら!!!どーんっ!!!

『Paradise Kiss』(1995/矢沢あい)
2011年、北川景子さん主演の映画で話題となったのでご存知の方も多いのではないでしょうか。(残念ながら私は観ていません。)

主人公は成績優秀の女子高校生・早坂 紫。服飾専門学校の生徒たちのショーモデルとなることをきっかけに、そこで出会ったデザイナーの卵達の真剣な姿に惹かれていく。そして彼女自身も成長していく物語。

恋愛や青春の葛藤など、様々な要素を扱う作品ですが、漫画といえば、絵も魅力の一つ。

矢沢あいさんの作品は数ある漫画の中でも、特にリアリティとオシャレさを感じます。白黒にも関わらず、描かれている一つ一つががキラキラしたり、色を持ったりして見えるので不思議です

物語も含め、この作品が大好きで何度も読み返しています。

洋服が大好きな登場人物を通して見る世界は、新しい発見がいっぱいなのです!私のバイブルでもあります!

他にも、『下妻物語』(2004/嶽本野ばら)や『アメリ』(2001/ジャン=ピエール・ジュネ)など、映画美術にこだわりが見れる作品をみては、お洋服に至福を感じるのです


心なしか女子力(笑)も上がる気がします。


だいぶ女性よりのお話になってしまいましたが、男性の方でもファッションを気にされる方は最近とても多いですよね。これからは男性のファッションにも目を向けてみたいです


あ!!!


お洒落がいいとは思っていません
自分が着たい服を着れば、きっとその日が素敵な1日になるはず!


Don't think, feel!
が、意外にも私の"洋服を感じる"という行為にピッタリな言葉に思えます


さてさて長くなりましたが、
ここらへんでバトンタッチです。

次のお題は『青春』で、
金丸くんお願いします(*^_^*)


拙い文章でしたが
読んでくれてありがとうございました!

   

リラックス

Category : リレーコラム
みなさんこんにちは!
騒がしい人見知り 藤本こと 藤本みなみです。

のらりくらりとゆったりしてます(^-^)

リラックス、、リラックスといえば、紅茶飲んだりTVを見たり、というイメージですが、わたしのリラックス方法はネイルをすることです!

何か行き詰ったときに、ネイルをぬっていると心が落ち着いて無心になれるのです。
それでは 今日は、リラックス方法であるネイルについてお話していきたいと思います!

(男子のみなさんごめんなさい!)

まずネイルには、自分でやるセルフネイルとお店でやってもらうもの、ネイルチップといって完成した爪を自分の爪
に付ける3種類があります。


最近わたしがはまっているのが この最後のネイルチップなのであります!
自分で一本一本好きなデザインを考えて、絵にして、それを ネイル師さん(ネイルチップを個人で作成しお仕事してる方など)に送り、作ってもらうのです。最近は、富山県にあるネイル師さんにデザインを送ってつくって頂きました。 こちらがそのデザインになります。
120525_2309~001



このネコは、私が好きな洋服のブランドのworld wide loveのキャラクターです。自分で、デザインを考えるところまでは出来ても、なかなかネイルチップを作るのはやはり難しく、最近ではこのようにネイル師さんに頼んでオリジナルネイルチップを作ってもらう方が多いようです。

私が思う、自分で作らずに頼む大きな理由はこれです。

ネイルの材料を売っているお店が、ネイル検定3級以上持っている人、ネイリスト検定を持っている人のみにしか売れないというお店が多いのです。また、その方たちのみに割引をするお店が多いのです。プロのネイリストさん達を優遇するお店が多いので、本格的なネイルチップを高い材料費をはらって手間をかけて自分で作るぐらいなら、いっそ頼んで綺麗なものを作ってもらったほうが良いと思う方が多いのではないでしょうか。

また、ネイルチップに人気が高まっている理由として、その値段も関係します。
お店に直接行って自分の爪にネイルをしてもらうと、場所や質にもよるのですが、8000円くらいかかってしまいます。
しかし、ネイルチップですと、オリジナルネイル(自分でデザインを考えて作ってもらうもの)は5000円ほど、また既製品のネイルチップですともっとお手頃の値段で買うことができるのです。

また、お仕事やアルバイトで、ネイルが禁止されているところが多いですよね。ネイルチップは毎日付けたりはずしたりできるので、便利なところも魅力です。洋服や気分によって毎日ネイルを変えたい!というおしゃれさんにもネイルチップの取り外しのできる便利さは利点のようです。
他にも、自分の爪の形がいや、という方や どうも爪が伸びにくかったり折れやすい、という悩みを持ったかたにも、長さや強度を簡単に変えられるチップは魅力的です。

ネイルといえば、女性というイメージが強く、男性とは無縁にみえますが、男性にはなぜネイルをやる文化が広がらなかったのか、その点についても今度調べてみたいと思います。

乱文失礼致します。
読んでくれたみなさま ありがとうございました!

次のお題は、「洋服」でお願いします。









フルーツ

Category : リレーコラム
こんばんは。サークルの後輩から

「ボク、割りとマジで後藤さんはゲイだと思ってました」

と言われてこんな時どんな顔をしたらいいかわからない後藤壮史です。何が彼にそう思わせたかは不明です。


他のゼミ員方々のように一つの事柄について深く掘り下げる事ができる頭が私には無いため、思いついた色々を行き当たりばったりに徒然と書きます。


前回投稿のKさんから、さもドッジボールの様に今回のお題:フルーツが飛んできて結構往生しました。  

しばらく自力で頭を捻っても、高校の時にお世話になった数字から果物を連想する特技を持っていた物理の先生の爬虫類面しか浮かびません。

ついついTwitterで
「フルーツってお題だったら何書いたらいいかな?誰か助けて下さい(>_<)」
(原文:一人暮らしの毒男がフルーツなんて小洒落た物に縁がある訳ねえだろ、どうすんだよこれ。)
と助けを求めてしまいましたが、ミリタリーオタクの後輩から一言

『つパイナップル
180px-MkII_07.jpg(日本語版wikipedia 『マークⅡ手榴弾』記事より)



と、アシストどころか危険球が飛んで来るだけで何の解決にもならない始末でした。


この様に自分のカチカチ前頭葉、及び面白がってここでは記述不可能な卑猥な案件しか出さない悪友達からは妙案が出ませんでした。  

脳みその変な部分が作動しそうな曲を聴いてみましたが、さして効果は無さそうです。  






そろそろお題から何一つ面白い物を思いつかない現実に目を向けて、思いついたこの曲について書き散らそうと思います。


◯「さくらんぼの実る頃」
(作詞:Jean-Baptiste Clément 作曲:Antoine Renard 歌:加藤登紀子)





別にシャンソンに深い理解があるとかそんなんじゃないですが、この曲がとても好きです。

『歌:加藤登紀子』でお気づきになられた方が大半かと思われますが、この歌を初めて聴いたのは宮崎駿の紅の豚劇中でした。

公開当時の予告でも使用され、聴けばこの映画を思い出す方も多いかと思われます。

私が気に入っているのは、映画の冒頭、ポルコ・ロッソ(主人公、『紅の豚』)のアジトで古いラジオからこの曲が流れる場面です。

キャプチャ
『紅の豚』 二馬力・GNNより


アドリア海の日差しと海風に晒されながら、ワインを飲み、煙草を燻らせ、シャンソンを聴きながら昼寝をしています。 
勤勉・勤労など一般的な善い生活態度から天文単位でかけ離れているポルコの姿ですが、私は以前からこの姿に憧れています。



憧れを持った人が次にやる事は真似っこと相場が決まっています。

そうして今年の1月で成人を迎えて調子に乗った馬鹿こと私は(周りに言わせれば遅れて発症した中二病で)登校前にタバコとコーヒーと一緒にこの曲を聴く習慣を作りました。

IMG_3823.jpg

この休息時間に使われる私の机です。

始めてしばらくは中々優雅な時間を過ごしていたと思います。

しかし私はいざ休むとなるとやたらと質を求めたがる悪い癖があるため、どうにもポルコの様に徹底して破廉恥で怠惰な豚にはなれないようです。

その理由としてこの休息時間は

①朝飯、昼飯調理

②食器洗い

③掃除(場合によっては洗濯)

④予定と支度の確認


⑤着替え

という段階を踏まないと実行できなくなってしまったため、何だか過程からしてあまりリラックスしていない気がします。 

そもそもポルコがアドリア海の海辺でジタンのタバコと静かな時間を楽しむ一方、私の根城は荻窪のやかましい環八沿いの集合住宅2階です。劣化コピーと言うのも憚られるザマです。

お腹が空いて何も考えられなくなってきたのか、文章が益々投げやりになってきましたので、この辺りで終わりにします。


次の藤本さんのお題は「リラックス」でお願いします。

ポップカルチャー

Category : リレーコラム
皆さん、こんばんは!


また、始まりましたよね。月曜日です。なんか、疲れるんだよなぁ~
一週間、頑張って行きましょう!(o^^)oo(^^o)


今日はケイちゃんこと、徐コウがブログを担当します。


いつも「なんでケイなの」って聞かれますが、
それは中国語でのアダ名の読み方をローマ字にすると、頭文字は「k」になっちゃいますので、
日本に来て、皆に呼ばれやすいために、「ケイ」にしました。(いろいろ、複雑なんだけど( ̄▽ ̄"))
f603918fa0ec08fabd7a62f959ee3d6d55fbda72.gif


さて、本題に戻りましょう。


今日のお題は「ポップカルチャー」です!


「ポップカルチャー」って範囲広いし、一体何を書けばいいのか、
と、分からない私は、まずウィッキペディアで「ポップカルチャー」の意味について調べてみました。

「wikiにあまり頼り過ぎないで」っていろんな先生に言われましたけど、
やはり手元に辞書がない留学生にとって、wikiは命の恩人みたいな存在(┳_┳)…

で、例のところにこう書いてあります↓
tais.jpg


もし「ゲーム」もその範囲内なら、私は、
最近ハマっている「フルーツニンジャ」というゲームについて、紹介したいと思っています。


「え、フルーツニンジャってあれじゃない」って、→ com_halfbrick_fruitninja-icon.png

スマートフォンを持っている人なら、知っているはずと思いますが、

知らない人に簡単な紹介をしたいと思います。
7aec54e736d12f2e8745df3e4fc2d5628535682f.gif

「フルーツニンジャ」は、飛び出してくる数々のフルーツを、忍者になって、短時間で、指で切っていく爽快なアクションゲームです。
たくさんのフルーツをまとめて切ると高得点、たまに飛んでくる爆弾を切ってしまうとゲームオーバーです。

ただ指一本で気楽に遊べるという、タッチスクリーンならではの操作が魅力です。

iphoneでも200万ダウンロードを記録した大人気アプリですが、
なんと、二人対戦が可能なiPad版も登場しています。

老若男女を問わず、誰でも楽しめるゲームと言え、世界的にヒットとなっています。


遊び方を詳しく説明すると、結構文字数かかりますので、
そこで、youtubeで見つけたビデオをアップします!
動画のほうがわかりやすいかもo(*≧▽≦)ツ



ご参考になれば、幸いです!


で、個人的に、なぜハマっているのか、それは、、


勝手な思いですが、このゲームに「嫌なフルーツを切ってしまえ!」という設定があると思います!!

私、子供の時も、今も、果物なんか大嫌いです。

自分は、潔癖症なので、特に手!!
手だけ清潔じゃないと気が済まないです。

だから、果物の皮をむく時、手がベタベタになっちゃうと、すごくイライラ、イライラになっちゃいます。


このゲームだと、指一本で済めるし、
また、指一本で嫌いな果物を消すこともできるし、すごく楽しいです。
むしろストレス発散のほうが、効果があると思います。


皆も、時間があれば、ぜひダウンロードして、やってみてください!

ちなみに、私はフルーバージョンをダウンロードしましたので、
やりたい人は、ぜひ、気軽に声をかけてください!
6a600c338744ebf8db45db60d9f9d72a6059a7bd.gif

で、実は、このゲーム、一昨年の夏休みから、ずっとハマっていますが、
最近、また好きになっちゃった理由は、

なんと、今回、「フルーツニンジャ」が xbox360 の Kinect(キネクト)に登場!


Kitnectというのは、コントローラーを使わず、自分自身の体を使って直感的に遊べる、
新しい体感型のゲームシステムです。(wiiと大体同じ感じ、でもリモコン不要)


つまり、今回は、指も、リモコンも要らず、
ただテレビとkinectセンサーの前に立って、
体と両手を動くだけ、フルーツを切ることができるということです。

やると、こんな感じです!



技術ってスゴイ!スゴイ!

欲しい(人´∀`).☆.。.:*・゚

体全身でやると、絶対痩せられますね!
って思って、つい自分も衝動買いで買っちゃいました(中古品ですけど)

(┳_┳)…お金がヤバイ。。。
IMG_5496_副本


まだ届いていないですけど、届き次第、また報告します!
qqq.gif


だるい月曜日、だるい夜、だるい月曜日の夜ですけど、


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



次は後藤さん

お題は「フルーツ」でお願いします!




ありがとうございました。




江戸

Category : リレーコラム
みなさんこんにちは!

今日は桃ちゃんこと、佐藤桃子がブログを担当します。

今日のお題は「江戸」
原田さん、本当に素敵なお題をありがとうございます!笑

というのも、私、江戸が大好きなのです!!


町人文化が栄え、庶民が娯楽を楽しみ、活気のある町の様子に魅力を感じます。


庶民が楽しんでいた娯楽の一つに浮世絵があります。

ここで、浮世絵の基本をおさらいしたいと思います。

浮世絵とは江戸時代に成立した絵画のジャンルです。
演劇、古典文学、風景、肖像など様々な題材があって、当時の様子を知る重要な手がかりになるのです。
そして、そのほとんどが多色刷りの木版画です。

浮世絵1枚は約かけそば1杯分と手頃な価格で売られていたため、庶民も手軽に手に入れることができたそうです。

そして日本国内で親しまれただけでなく、海を渡り、ヨーロッパで高い評価を受けたのです。
あのゴッホも浮世絵の熱心なコレクターだったと言われています。


さて、みなさんは浮世絵師と聞いて誰を思い浮かべるでしょうか?

葛飾北斎、歌川広重(実は、歌川広重は初代から5代目までの5人存在する!)などは教科書なんかに載ってたりして知っている方も多いかと思います。

ですが、すばらしい作品を残した浮世絵師は他にもたくさんいるんですよ〜

そこで、今日は私のお気に入りの浮世絵師を紹介したいと思います。

その人はズバリ、「歌川国芳(うたがわくによし)」

数ヶ月前に六本木の美術館で国芳展をやっていて、たまたま観に行って彼の存在を知ったと同時に、彼の大ファンになりました。
彼は江戸末期に活躍した浮世絵師で、ユーモアのある作品を数多く残しています。

その中の一つがこちら!



浮世絵2








これは「荷宝蔵壁のむだ書」というもの。
あえて落書き風に役者たちの似顔絵を描いています。
これは役者の似顔絵を描くことを幕府に禁止されていたことから生まれました。

役者の表情、中央で踊っている猫... 何ともチャーミングですよね。

これが約160年前に描かれたことに驚きです。
現代の私たちから見ても新鮮で魅力的ですよね。


こんな落書き風の絵も立派な浮世絵の作品なんです。

ちなみに国芳は大の猫好きで、猫を題材にした作品もたくさんあります。

どの猫もいきいきと描かれていて、とてもかわいいので、猫が好きな方はぜひ探してみてくださいね!



今日は江戸の文化を代表する浮世絵について書かせてもらいましたがいかがでしたか?
浮世絵は堅苦しいイメージがありますが、実は今のポップカルチャーにも繋がる面も持っていることが分かって頂けたなら嬉しいです。

江戸の文化は素晴らしい、そう思ってやまないのです。


長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました!

次は徐さん。
お題は「ポップカルチャー」でおねがいします。








Category : リレーコラム
みなさんこんにちは。

今週月曜日からめでたく開始いたしましたミヤモトゼミ3期生によるゼミブログ、
わたしま君に続いて二番手を務めますのは
自称 低気圧系女子
原田です。

さて、こちらのブログは 前回の書き手が次の書き手へお題を指定する「リレー形式」ということで
私は わたしま君から頂いたお題
「風」
について書くことになりました!


「風」って。
一体何書けばいいんじゃい
と、頭真っ白な私は
「風」でブレインストーミングをしてみました!

風力発電、風車、季節風、広島風、大阪風・・・
などなど、切実かつふざけた思いでつらつらと書いていったのですが
なかなかピンとくるものがありませんでした。

さすがに真面目になり「風」という字のつく慣用句、ことわざを思い浮かべていったところ、
ついに、ひっかかる言葉が出てきました!


「風が吹けば桶屋が儲かる」

有名な言葉ですが、
そういえば、風が吹いてから桶屋が儲かるまでの詳しい経緯は知らないなあ、
という方も多いのではないでしょうか?
私も全く説明できません。
気になる!
ということで、電子辞書の広辞苑を引いてみました。

それによると、
風が吹く→砂ぼこりが出る→失明者の増加→(失明者は三味線を弾くので)三味線の需要増→
→三味線に張る猫の皮の需要も増→猫が減る→(猫に食べられずに済むので)ねずみが増える→
→増えたねずみたちが桶をかじる→桶屋が儲かる

ということでした。
なるほどー!

一体いつ頃から存在する言葉なのだろうか?と更に調べてみたところ、
なんと、こんな本がありました!

ATT84826.jpg


明大図書館がバッチリ所蔵という素晴らしさ!笑

本のなかには、「風が吹けば~」という言葉が生まれたのは江戸時代中頃、『白川夜話』という本に書かれたのがはじまりであった、とありました。

「風吹けば~」という言葉の調査から始まるこの本は、
タイトルで明らかなように
実際に風が吹いて桶屋が儲かる確率を真面目に計算。
0.8%という結果を出しました。
以降の本全体の内容としては、身近な例をつかって確率について学んでみよう!
というものでした。

実は「風吹けば~」という言葉にはまだまだ知られざる奥深さがあるのですが、
続きはぜひ、本をお読みください!


ちっぽけな出来事から思わぬ結果が生じること
小さな要素の組み合わせが未来に大きな影響を与える可能性があること
つまり未来は予測不可能であるということ

という意味で、この「風吹けば桶屋儲かる現象」は
『バタフライ効果』とも言われます。
これは「ブラジルでの蝶の羽ばたきがテキサスでトルネードを起こすか」
という、ある科学者の講演の題名から名づけられ、
これまた奥深いものがあります。

つまり何が言いたいのかといいますと、

私たちが日々過ごす間のちょっとしたことでも、
まわりまわって世界を大きく動かすかもしれない!
ということなのです。

わたしたちミヤモトゼミ3期生も、またこのブログも、
そんな力を秘めている!
風吹けばミヤモトゼミ繁栄、ブログ書けば嵐が巻き起こる!

なんて言ってみたかったのです。笑


ということで、今回の原田によるブログ、これにて無理矢理締めさせていただきます!
お粗末さまでした!

お次はももこさん、
お題は「江戸」でおねがいします。

では!
















2年間

Category : リレーコラム
こんばんは。

わたし、わたしまです(小学生くらいから同じネタを使っているが常にややうけにすら達さないです)

はい、いよいよ始まりましたね。ゼミブログですよ。ワッホーイ。みんなこれを待っていた。

むせび泣くおじいちゃんも笑うよ!「わしはブログよりもドブロクがええなぁ(ニッコリ)」



・・なんてテンション高く始めてみたものの、正直、素直に、はっきり晴れやかに申し上げて、緊張しています。

今キーボードを叩く手は水をぶるっと飛ばす犬よろしくぶるんぶるん震えております。

なにを書けばいいのか・・・ああ



お、落ち着くのだ! へい! ぺったん ぺったん



・・・もちついてもうたー。




 さて、記念すべき第一回目のお題は能動的二年間にちなんで、「二年間」でございます。

以下では二年間というお題と結びつけ「時間」についての私なりの考えと本を二冊紹介させて頂きます。

 


 そもそも二年間って何なのでしょうか?

十八歳は二十歳になり、赤ちゃんは体重が四倍になり、ハンター×ハンターは連載と休載を繰り返します。

今から二年後、2014年5月14日、私は普通に進むことができれば、社会人一年目です。

・・・二年かぁ、あっという間だなぁ(遠い目)



ちょいと待っておくんなし。そんな単純なものでありんすか、二年間って!

八回の内の二回、二十回の内の二回、九十回の内の二回、

それぞれ二回の重み、回を年にすると、二年の重みが違いませんか? 












時間ってホントに数値でサクッとパキッと区切れるほど単純なのでしょうか?

今の社会を成り立たせ、その中で生きていくには、数値化された時間の概念は不可欠です。

だけどもだっけど、

自分の中に流れる時間と社会システムとして数値化された時間は別のものではないでしょうか? 

例えば、楽しい時は短く、つまらないときは長く時間を感じるという誰しもが感じたことのあるあの感覚です。




こんな風に、時間とは何じゃらほいと私はずっと気になっておりました。

そんな時、宮沢賢治著:「風の又三郎」と、

片山恭一著:「どこへ向かって死ぬか 森有正と生きまどう私たち」

という二冊の本を最近出来たばかりの図書館から借りました。

その中から、私が時間について考える際に大きなヒントになった箇所があるので紹介させて下さい。

 


 風の又三郎という短編集のある短編に登場するくもは、くも暦三千八百年5月に死んだという描写があります。

くもには、人間などとは関係ないくもの世界の時間が流れていることが暗示されているようです。

拡大解釈すると、個人の中それぞれに流れる時間は違うという意味として取れませんか?

・・・私はそう取ります(笑)



もう一つ、後者では

「僕にとっての最大の拠りどころは自分の中に自分の時間が流れはじめたことである」

という一文があります。

皆さん、この一文どう思います? すごーく大切なことを言っていると思いませんか?

今度良かったら意見聞かせてくださいな。








さあさあ 最終コーナーに差し掛かりました!ゴールは見えています!






私たちは能動的な何を過ごす予定ですか?

はーい、二年間でーす。 

                




                  クライマックス


その二年間を、ただ数値化された時間の塊としてではなく、私たち一人一人の内側に流れる時間


として捉え、自分の時間がみんなと一緒に流れているという感覚を大切にして、


全力できんちゃん走りしていきませんか?


これが言いたかったのです! 長い道のりだった・・・。

長文駄文にお付き合いいただき本当にありがとうございました。

次回は原田さんです! お題は「風」でお願いします 期待しています キラッ
IMG_1698p.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。