スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第12回】空に足をつけて

Category : 卒業にあたって
宮本ゼミ3期生ゼミブログ「能動的2年間」最終回担当 渡島隆弘

The sound of Narita Airport

これを聞きながら読んでほしいと思います。




ーーーーーーーーーーーー

空港の出発ロビー

ざわめき

この空港へは大きな飛行機に乗ってやってきた。

安心だからこそ窮屈でもあった大きな飛行機。


僕らは、
同じ便に「たまたま」乗り合わせ、
その中でも「たまたま」近い席に座っていた。

運命的偶然


途中で乗り換えた人もいた。
君は乗り換えて、今、どこを飛んでいるんだろう。
無事に飛んでいると良い。

あの時の、
離陸の高揚感と不安感は過ぎて、
シートベルト着用サインは消え、

短くて長い自由な時間が過ぎた。

しばらくして、

シートベルト着用サインがまた点いて、
着陸の不安感と高揚感を越えて、

この空港に辿り着いた。



そして、今、



出発ロビーにいる。



ざわめき



今まで、僕たちの手には便名、行き先、出発時間の書かれた搭乗券が握られていた。

でも、今は、


エンジンキーだけが握り締められている。

そのキーには搭乗券に書かれていたような便名、行き先、出発時間は書かれていない。

全部セルフサービス。機内食さえ。



この空港からは何処にだって行けるし、何処にだって行けない。

この空港を出ればそれぞれに進んでいく。



バイビー。


この先、
当たり前だけど、
雨の日も、嵐の日も、晴れの日もある。
そのことをどう考えよう。

雨の日には雨で機体を洗おうか
嵐の日には嵐で操縦の腕を上げようか
晴れの日には眩しさで墜落しようか







運命的偶然で今まで同じ便に搭乗してきた全てのあなたたちに感謝を。

特に僕の近くに座っていてくれたあなたたちにジャンボな感謝を。

あなたたちは何度も気付かない間に燃料を補給してくれていたし、故障を修理してくれていた。

気付くのが遅かったし、今も本当に気付けているのかは分からない。
生きているよりも生かされている部分がいかに多かったか。
いかに支えられていたか。

あなたたちがいたから僕はこの空港まで辿り着けた。ありがとう。有り難い。


あなたたちがその手に握り締めたエンジンキーで求める仕合せに辿り着けますように。


帰ってくる場所はなくなってしまうかもしれないけれど、

辛い時は、同じ飛行機に乗っていたことを、一緒にいたことを思い出せば良い。


空を見上げれば、きっと僕たちの乗っていた飛行機はそこに飛んでいるから。







そして、


管制塔

あなた方が見守ってくれていたからこそ、僕はこの空港まで辿り着けました。

本当にありがとうございました。有り難い。

真摯に向き合ってくれていたからこそ出る言葉。思い。

少しは受け継げていると思います。

これからも静かに僕らを見守って下さい。

弱い僕はそれを願います。

そしていつか僕も管制塔になりたいです。





さて、

この先どんなことに出会うのだろう。

人、場所、音、匂い、風、色、形、感情、悲しみ、言葉にならないこと、

全てに感謝と歓迎を。






水平線は終わりじゃない










誰もいなくなった空港

ざわめきは聞こえない

心臓の音だけが何処までも響いている。







ーーーーーーーーーーーーー

最後に改めて、

宮本先生、ゼミのみんな、これまでに出会った全ての方々、本当にありがとうございました。



これで、僕たち宮本ゼミ3期生のゼミブログは終わりとなります。
今まで読んで下さった方、本当にありがとうございました。
最後まで楽しんでもらえたなら幸いです。



3期生ゼミブログは終わってしまいましたが、
これからも4期生以下、宮本ゼミのゼミブログは続いていきます。
これからは一読者として毎回の更新を楽しみにしたいと思います。

ではまたどこかで。
スポンサーサイト

【第11回】卒業式の前の日に

Category : 卒業にあたって
こんにちは。
ご無沙汰しています、原田です。
卒業式の前日に私がエントリすることになりいたたまれないのですが
書かせていただきます。

私の大学生活全体を振り返ってみようかとも思ったのですが、
それはさらっとふまえつつ、ゼミに入るまでの経緯などを綴っていこうと思います。
私がこのゼミに入ろう、宮本先生に付いて学ぼうと思った理由は、よく覚えていません。
というより、このゼミしか考えていませんでした。
このゼミしか考えられなかった理由は、
「なんでもできそうだから」でした。
「なんでもできそう」なこのゼミに惹かれた理由は、私の大学入学以来の日々にあると思うので
そこに関してちょっと振り返ってみようと思います。

ゼミの入室試験があったのは大学2年生の秋でした。
それまでの私の大学生活は、人から見れば、かなり地味だったと思います。
要は「ぼっち」でした。笑
一人でいることが多く、暇があれば図書館で読書をしたり
天気のいい日には和泉校舎の屋上でぼーっとすることが大好きでした。
サークルに行くわけでもなく、友達と遊びに行くわけでもなく。

でも、私はそんな大学生活を楽しんでいました。
こんなことを言うと至極真面目に聞こえてしまうようで恐縮なのですが
私が大学に入って一番幸せだったこと、
一番たのしかったこと
それは、大学に通うことで「自分の世界がひろがること」
でした。

講義の内容、先生方との会話、薦められた本。
それに触れることによって、
大学に入らなければ興味を持ち得なかったこと、大学で授業を受けなければ知らなかったことが
取柄も特技も、知識も教養も何も持っていなかった私になだれ込んでくる。
そのことが、毎日毎日面白くて仕方がありませんでした。
そこから私は、自分の興味を自分で広げて深めていく楽しみを知りました。

一方で、「あれも好き」「これも面白い」と、何を聞いても楽しかった私は
「ひとつのことを突き詰める」ことができる人たちを羨ましく思うようになりました。
先生方も、大学内の友人も。
私も、何か一つでいいから、「これだけは語れる」というものが欲しい、と、もがくようになっていた時期は
楽しいようで苦しく、苦しいようで充実していました。


ゼミを選ぶことになった2年生の秋は、ちょうどそんな時でした。
知らないことを知りたいけれど、何を「面白い」と思えるか、いい意味でわからなかった私は
もちろん将来のビジョンもなく、専門性を求めることは自分にとって窮屈になるのではないか、と思っていました。

「宮本ゼミ」のうたい文句(!?)はもう忘れてしまいましたが、

ああ、ここなら何でもできる。ここに入って、色んな人のいる中で自分の知らない世界を知って、
そこから、自分の興味がある方向を見つけよう。

そう思うと、今までの「自分の専門性のなさ」に対する焦りが途端になくなり
「このゼミの中にいればきっと何か見つかる」という安心感が生まれました。

入室試験のとき自分がどんなテンションでなにを考えていたのかも、もう忘れてしまいましたが
今振り返ると、このゼミに入りたかった理由、動機の根底には、自分の中のそのような心の動きがあったと思います。

晴れて宮本ゼミ生になってからのお話も
話したいこと、感じたことが山ほどあるのですが
ここに書くとキリがありません。ちょっと悔しいくらい。
だからこそ、何かのイベントごとに感想を記したり
テーマを変えては日常的に書き続けていたこのブログの役割の大切さは
本当に大きかったなと
今になって感じています。

ブログだけでなく、先生が私たちの為に日々準備してくださった色々な「伏線」に
私たちは卒業後のこれからも、少しずつ気づいていくことになるのだと思います。

先生が意図していたこと、
先生が重んじていた物事の理由、ものの考えかた、捉えかた、受け取りかた、伝えかた。
具体的に記せばきりがない、ここに書かないのが惜しい。でもとても大切な、このゼミに入らなければ得られなかったことがたくさんあります。
それは実学的な知識だけではなくて、もっと広くて根本的なものです。

抽象的になってしまい、うまく言えないのが口惜しいですが
私が「大学に入ってよかったな」と思った理由や
そのとき求めていた好奇心が
このゼミに入ったことでさらに深く、さらに加速したことは本当に嬉しく
宮本先生やゼミ生のみんな、ゼミでやってきたことのおかげで
とても有意義な学生生活を送れたと
感謝しています。
ありがとうございました。

これで私のエントリを終わろうと思います。
おおとりは、ゼミ長、渡島くんです。
よろしくお願いします。


【第10回】充実。

Category : 卒業にあたって
こんにちは。今回の担当は石田です。

只今部屋の大掃除中で地味に忙しいです。モノを減らそうと頑張ってます。昨日も大量の服やら本やらアイドルグッズやらを売りに出しました。いくらになるのやら。高値はこれっぽっちも期待してないですが。四次元のクローゼットが欲しいと切実に思う今日このごろです。



卒業式が近づいてます。式の当日に学生証を返却しなきゃいけないのがほんとに嫌。もう学割が使えないかと思うと胸が痛みます。色んな場面で見せると割引される魔法のカードだったのに・・・






学生証の話はさておき。皆さんが大学生活を振り返ってるので私もちょっとだけ振り返ります。

高校時代、オタクなものに目覚めました。テレビだったか新聞だったか忘れましたが、明大がマンガとかオタクなものを色々集めた図書館か何かをつくるっていうニュースを見て、この大学を受験しようと決めました。どの学部を受けようかと思い学部の一覧を見たとき、「国際日本」っていう文字に「なんか胡散臭そうだなぁ」と思いつつも目が留まりました。大学のパンフとかネットのサイトは正直よくみてなかったです。入学が決まってからちゃんと見返した記憶が(苦笑)



入学したての頃は、大学生活に期待とか希望とか持ってなくて、はやく留学したいとか、日本を出たいとか、そういうことを思ってました。現状から逃げ出したかったのかな。受験の前後は自暴自棄気味でしたね。色々とよくわかんなくてもやもやしてました。



だけど期待してなかった大学の授業で面白いと思えるものがいっぱいあって、自分の興味がどこに向いているのかってことが段々とわかってきました。やりたいことも明確になってきて、日本脱出計画は自然消滅です(笑)



で、その後色々あって3年次から宮本ゼミに入りました。ゼミを選ぶとき、「オタクっぽいことをもっと突き詰めたい」っていう希望がありました。でも、自分が興味あることばっかり見聞きしてると、確かに面白いんだけど、それだけじゃなんだか疲れてきちゃうんですよね。胃もたれする感覚に似てます。同じ趣味趣向の人たちが集まるところにいても必ずしもその人たちとうまくやっていけるわけじゃないし。時々窓を開けて部屋を換気するみたいに、自分の中の淀んだものをどうにかしたいなって思ってたときに宮本ゼミを見つけて、「ここ良いかも」と思ったんです。



ゼミに入ったは良かったんですが、最初の顔合わせの時はひどく後悔した記憶があります。なんていうか、キラキラした人が多いっていうか・・・みんなリア充っていうか・・・自分と対極的な、苦手なタイプの人がいっぱいいるなって直感して、どうしようどうしようって内心すごく焦ってました。これからの2年間がとても不安でした。そういう状態になると、私は黙ります。自分から他人に声をかけるなんていう危険なことは生死に関わるような場面でもない限りしません。話しかけられたらそれなりに対応はするんですけど、その前に話しかけられるのが怖くて無意識に距離をとります。そういう態度が他人から見てクールだとかよく勘違いされます。めんどくさいやつですね(笑)



そんな感じなので、3年の時はゼミ生の人とはあんまりお話ししてないかもしれないです。いや、今もかな(苦笑)でも出会ったころに比べれば随分コミュニケーションとれてるつもりでいます。進歩しました。うん。ゼミでは個人やグループで調べたりまとめたりしたことを発表する機会が結構あったけど、そういうものを通していろんな発見があったり、意見を交わしたり出来て面白かったです。



宮本先生はよく展覧会などの見学を企画してくださるんですが、それもかなり刺激になりました。一人で行くのも良いんだけど、先生と行くと色々と解説してもらえるのでなんだか得した気分になります(笑)興味があるジャンルの展示じゃなくても、先生がみんなで行くのを企画してくださったり「あの展示面白かったよ」っておっしゃっていたりすると、「私も行ってみようかな」って思えました。たとえ予定が合わなくてゼミの皆さんとは一緒に行けなくても、後日一人で足を運んだっていうことも何度かありました。






小学生から始まり今まで16年くらい学生をやってきましたが、大学生が一番面白かったです。高校の時まで学校って好きになれなくて、学校に行かせてもらえることはすごく幸せなことだとわかっていても、嫌だなって気持ちが拭えませんでした。大学生になって始めて、大学に来て良かったなって思いました。「学校が好き」といえるようになったのは、私の中ですごく大きな出来事です。今まで眠かった授業が面白いと思えるようになりました。自分は本当に何も知らないんだなぁと痛感もしました。



学校以外でもこの4年間個人的にほんとに色んなことがあって、色んな人に会って、色んなことに挑戦して、辛いことが多くて、ほぼ毎日寝不足と疲労感が半端なかったけど、それでも充実してました。「頑張らなきゃいけないことも多いけど、私は今幸せだな」ってよく思っていました。高校までははやく卒業したいと思ってたけど、今は卒業したくないと思ってます。卒業するっていうより、無理矢理卒業させられる気持ちです(笑)



だけどいつまでも学生でいるわけにはいきません。これ以上両親に学費を出してもらうのは気が引けるし(-""-;) 特に金銭面で支えていただいた両親にも本当に感謝しています。あまり実家に帰らなくてごめんなさい。これからもあんまり帰らないけど(苦笑)




話がちょっと逸れました。とにかく、4年間が充実していたと今言えることがとても嬉しいです。卒業した後の不安はかなりありますが(笑)目標を達成するためにただただ努力します。




このへんでおしまいにしときますかね。最後に、宮本先生、ゼミの皆様、4年間で出会った全ての方々、本当にありがとうございました。




次は原田さんです。よろしくお願いしますm(_ _)m

【第9回】あっという間の四年間

Category : 卒業にあたって
おはようございます。
ただいまお母さんと北海道旅行中のジョコウです☃
登別から札幌行きの電車から更新します。

ことみちゃん、すごく褒めてくれて恥ずかしい꒰ *´З` ꒱〜ෆ⃛ෆ⃛ೄ
ありがとうございます‼︎

最近ずっとお母さんと中国語でしゃべっているから、
日本語すっかり忘れてしまいました。笑
もしわかりにくいところがあったら、ご了承ください_| ̄|●

では、本題に戻りましょう。

大学の四年間、本当にあっという間ですね。

最後の最後に、予想外のことが起きて、まだまだ納得してないけど、
ちゃんと前に進もうと決意しました。

だから、先月末から、本格的に就職活動をはじめました‼︎
やはり想像よりは難しいですね、就活꒰⁎×﹏×⁎꒱՞༘✡

でも、先生も、友達も、家族みんなも、すごく理解してくれて、応援してくれて、とてもありがたく思っております。

もうその期待を二度と裏切らないようと、精一杯頑張りたいと思っています。
例え不吉なことが続いていても、絶対に逃げません‼︎
負けず嫌いだから‼︎


振り返ってみると、この四年間、最も力を入れたのはゼミですかなぁ。

二年から四年まで、ずっと宮本ゼミでした♡

最初、マスコミに興味があってゼミに入ったが、結局サブカルチャーに興味を湧いてきました。
またピューロランドでのバイトの影響で、キャラクター文化に心が惹きつけられました。

宮本先生、ゼミ全員、そして卒論発表会に来てくださったサンリオファンの方、皆様のお陰て、卒論を無事に提出することが出来ました。

やや辛かったが、まだ完璧とも言えないけど、無事に終わってすごく達成感があります。


だって、自分は外国人だもん‼︎
母国語以外の言葉で3万字の論文を書いたもん‼︎
すごくないですか⁈
自分に拍手(〃▽〃)ポッ


まぁ、卒論集ができたら、また読者やファンの方につっこまれちゃうかもしれないが、「それは論文という物の醍醐味」と先生が言っています。
だから、もし意見やコメントがあれば、ぜひ聞かせてください。
いろんな意見を聞いて、視野を広げたいです。


あ、そろそろ電車から降りなきゃε=(/*~▽)/

電車もあっという間ですね。

就活もあっという間に終わればいいのになぁー、笑、頑張りますよ‼︎

就活の面白さや、醍醐味も見つけなきゃ、ポジティブに前に進みます。

大好きな宮本先生も、ゼミ生も、
これからの幸せと成功を心から願っています。


二年間、お世話になりました。


ありがとうございました。


また、卒業式で会いましょうね‼︎
20140321100018983_meitu_1.jpg


次は、クールな ななこ ちゃんです。
よろしくお願いします。

【第8回】三度の飯よりも

Category : 卒業にあたって
卒業に際して振り返ってみると、思い出すことは沢山あり、書いては消し、書いては消しを繰り返していました。
考える、文字に起こしてみる、それを発信してみる、それについて誰かが反応してくれる。
こういった機会を持たせてくれるのも、うちのゼミの好きなところだなあと思います。
何時間書きなおしても結局話がゼミに戻ってくるので、自分にとってゼミがいかに大きな存在だったのか今すごくびっくりしています。


まずは大雑把に4年間を振り返りたいと思います。
大学生になる時に決めた目標は、「一年にひとつは必ず何か大きなこと、新しいことをやる」でした。
漠然とした目標でしたが、これは過去の経験を踏まえて立てた目標でした。
ちょっとした目標であったり、挑戦であったり、楽しいこと、大変なことは、日々何かしらあります。
でも、年度の終わりにその年を振り返った時、「今年はこれを頑張った一年だった」と一年にタイトルを付けられるほど大きな達成感が持てることはあまりありませんでした。
なので、大学からはそれをやってみようと思いました。
「大きなこと」は私スケールなので、小さいなー!というツッコミは甘んじて受けます。

海外旅行に行って、ペンパルに会いに行ったり、語学の検定をとったり、一人で祖母に会いに九州旅行をしてみたり、就活と卒論を頑張ってみたり、スキーも初挑戦してみたりしました。

他にも色々あるのですが、自分で振り返ってみて概ね満足な達成具合かなと思います。
何かをやった4年間として、ちゃんと自分の中で意味のあるものだったと思えるというか。

達成感と同時に、失敗も沢山…それはもう白目になるくらい出てきます。
自分のいやだなーよくないなーというところもたくさん分かりました。
失敗経験は今後に活かせる様、しっかり自分で努力しなければと思います。


そんな4年間の中でも、先生の授業は私の中で比重がとても大きいものでした。
2年からゼミに入っていたというのもありますし、2年、3年と前期後期とも講義をとっていたからです。
先生の授業はステキな意味でも\(^o^)/な意味でも授業時間に留まらないところが最大のポイントだと思います。
(決して先生よいしょのエントリではないです!)

アニメーション文化論、日本漫画史、2年ゼミ、3~4年ゼミ、活動は本当にどれも授業時間に留まりませんでした。
グループワークの話し合い、プレゼンの話し合い、練習、フィールドワーク、調べ物…ゼミ以外の講義だと学年もバラバラな初対面の人たちが集まって行動しなければいけません。
なんて大変な講義だ!とはじめはヒイヒイしていました。

また、高校時代は何かを人の前で発表する機会はあまり無く、基本的に受け身体勢でした。
挙手して解答!私の意見はこうだ!聞いてほしい!なんて思うこともあまり無かったように思います。

それが大学、特にゼミに入ってからは人数も少ないからすぐ発言の順番回ってくるし、みんなそれに対してどんどん意見を出すし、発表も私が考えつかないようなおもしろいことをするし、発表聞いてる人めっちゃ居るし、質問こわいし、答えられなかったら悔しいし、
それはもう負けてられないとメラメラせざるを得ませんでした。

でも何か言わないといけないなんて圧迫感はなくて、どの講義でも、私はこう思うんだけどみんなはどう思うのかな?と気軽に聞いてみることが出来るような雰囲気で、自然と能動的な姿勢に変われたのではないかと思います。
発言してみて撃沈なんてこともたくさんたくさんたくさんたくさんありましたが、決して否定されるというわけではなく、別の考え方が聞けたりして、それもまた良い経験でした。

そしてそれは先生の講義だけで行われるものではなくて、どこでも役に立つものでした。

講義を通して先生からもグループの人からもゼミ生からも刺激を受け、新しいことを教えてもらったり、自分もやってみようと挑戦してみたり。
ぜんぜん違うジャンルに興味を持つ人たちと交流する場、自分の考えを発信する場、そういった「環境」で大学生活を過ごせたのは実になるものがあったと思います。

3~4年ゼミの紹介文に「常識とかコミュニケーションとか、社会に出るにあたって役立つことも学べます」といったようなことが載っていた記憶があるのですが、本当にその通りだったなと思います。

ゼミの話を他ゼミや他学部、他大の友達にすると「大変だねー」なんて言われたりしましたが、自分的にはそうでもなくないかなー?なんて思ってたりして、私も気づかないうちにエムっ気に磨きがかかってたのでしょうか?

ええ~これやらなくてもいいんじゃないかな~と消極的になってたことも、やってみたら楽しかったり、実はそれが他の人と盛り上がれることに繋がったり、発言とか発表とか卒論だってそうですし…。
ゼミブログも、毎回必死に書いていましたが、積み上がったものを見ると何かを得られた気がします。

以前は過剰に失敗することを恐れていた部分がまるくなったのかなと思います。
これが得たことの中で一番大きいのかな。

っていう大学生活でした!

タイトルの三度の飯よりの続きは、好きなこと、楽しいこと、興味があることに向き合えた4年間だったな!です。



ということで結局うまくまとまらず、長くなりましたが、ここで終わりにしたいと思います。

お次は、うふふキティちゃん♡リズリサ♡にこにこ♡な女子かと思いきや、パソコンめっちゃ強いし、たまに中国語で電話してると「中国語うまいなー!そういえば中国から来たんだった!」って思い出したり、お話してると自分の軸がいつもしっかりしていてかっこいいなーと憧れる、隠れた魅力を持ちまくりなけいちゃんです。
3年間けいちゃんのパワポ力には大変お世話になりました…!



そして最後ということで詰め込んでみました!全部リベラです!
gaudete(2002)」めっちゃかっこいいです。
Libera - Gloria (Live!) 」鳥肌が立ちます。
Libera - Gaudete (2008 - Aled's) 」2002年と比べても乙です。
Stay with me」うっとりなります。
Adoramus」わくわくします。

語彙がないです!

2014年のリベラ来日は無さそうですが、もし来日が決まって、ふふん!一緒に行ってやってもいいよ!って人がいたら行きましょう\(^o^)/

2年間ゼミブログを書かせてくれた先生、読んでくださった方、ゼミ生のみなさま、ありがとうございましたー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。